2009年12月31日

立てよ金沢市民!ツエーゲン金沢を応援せよ!

091224_01.jpg

さんざん、川崎フロンターレの記事を上げておいて言うのも何ですが、ツエーゲン金沢は私の地元のチームです。
なので自分的には強制的にサポーターとなっております。

そのツエーゲン金沢は来シーズンから、JFLに昇格します。
これは凄いことです。本当にすごいです。

今シーズンからJ2に昇格し、1年間を乗り切ったカターレ富山に引き続て、ツエーゲンの北陸勢のJFL昇格。

私の知るかぎり、北陸はプロスポーツとは、あまり縁がない地域でした。(独立リーグとかプロバスケットとかありますが)
しかし、カターレとツエーゲン(まだ並べて書けるレベルでは無いかもしれませんが)の躍進は切欠となるには十分過ぎます。

ツエーゲンがJ2へ上がればカターレとの北陸ダービーが開催されます。(その時、カターレはJ1だったりして。。)
何かと景気の良くない時代ですが、景気の良い話の切欠にもなりえる話だと思います。

で、なんでこんな記事を買いているかと言えば、地元の温度がまだまだ低い!
今回、金沢へ帰省して本当に思いました。
ホントにまだまだ低い!
川崎フロンターレサポでもある自分から見れば、ツエーゲンという金貨が転がっているのに市民は余り気づいていない状態!
まあ、「名前くらい知ってる人」はいっぱい出来てきたので、結成当初より進化はしてますが、まだまだ!
「地元チームを応援するのが当然」という意識が根付いてしまえば早いんですが、それがまだまだなのは仕方ないですがね。
でも、こんなにビックな金貨なのに、気づかれないのは残念。
もっともっと知ってもらいたい。

地元チームを応援することの楽しさは、計り知れません!
そんな訳でラモス的な感じで「もったいないよ!」と叫びたい。

まだ、JFLって感じなのかもしれませんが、私からすれば「あのJFL」なんです!

これから、J2、J1と上に上がっていくには、金沢市民の力が絶対に必要になります。
冗談や奇麗事を抜きにして必要なのです。
そのためには、JFLからガッツリ応援する必要があります。

来年、2010年は是非是非、ツエーゲン金沢をスタジアムで応援してください。(ワタクシも東京方面に来た時は応援いきます)
格安で個人会員も法人会員もあるよ!何卒よろしくお願い致します。

立てよ!金沢市民!


posted by ナカタ編集長 at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

「あぶり」を妄想する

> 赤坂晃容疑者、猶予中に逮捕「あぶった」

「あぶり」って今年の裏流行語だと思うんですが、如何でしょうかね。のりPにより「あぶり系」は80年代を駆け抜けた芸能人が通る1つの道として確立されました。

しかし、この「あぶり」というフレーズが引っ掛かります。
どうしても、すし職人がバーナーでマグロをあぶってる絵やオッサンがスルメをあぶっている絵が妄想されます。(ついでにBGMは八代亜紀で「舟歌」)
そのせいか、あんまり悪い事をしてるというイメージがしない。

その替わり、注射器で覚醒剤とかいうと、なんかすっごい悪い事しているイメージが浮かびます。

この際、「あぶり」って言葉をもっと極悪なイメージの言葉に置き換えてみては如何でしょうか。
抵抗感を上げることで、抑止力を上げるのが目的です。
まあ、逆にカワイイ言葉にして、最高にかっこ悪くするのもアリかもしれませんが。

まあ、変わりの言葉は余り浮かばんので、警視庁あたりが懸賞金だして考えてください。(がんばれお巡りさん!)

のりPも赤坂も、「あぶりじゃなくて●●だったらヤラなかったのに!」って悔しがってるかも。
では、よいお年を。

posted by ナカタ編集長 at 11:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱いぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルゴ13の楽しみ方を考える

091229_2202~01.jpg

今年もあとちょっとですが、ワタクシは相変わらずゴルゴ13を読んでいます。

ゴルゴって、古い漫画だし、劇画だし、ちょっとハードルが高いので敬遠されがちですが、ホントに面白いです

まあ、ただ面白いって言っても説得力がないので、ワタクシ流のゴルゴの楽しみ方を5つ紹介します


その1:ストーリーを楽しむ
普通ですね
王道ですよ
勧善懲悪的スナイパー作品がベースにありますが、そこに至るまでは単純なストーリーではありません
相当に凝った伏線や形態を持つ作品が多いです
読んだ後で「へ〜」と膝を打ちたくなるようなオチがある作品が多々あります
場面の切り方も映画的な動的感があり楽しいです
ステレオタイプなゴルゴのイメージで、この辺の凝り方は過小評価されてる気がします

その2:爽快感を楽しむ
絶対に負けないゴルゴ13なので、絶対に勝ちます
どんな状況でも最後にはターゲットの脳天をガッツリ撃ち抜くところは爽快です
単純さと複雑さ(その1で書いた部分)のバランスは良いかもしれませんね

その3:バカ展開を楽しむ
時々、突発的に陳腐な展開があります
特に女性絡みです
突然、本題とは関わりが薄いのに水戸黄門的な展開で女性とのカラミが無理矢理突っ込まれます
ゴルゴは握手を絶対にしない位に最高に用心深いのですが、その割りに女性に求められると断りません
余りにもハードボイルド過ぎな展開です
読み慣れてくると
「この女は抱かれるな〜」
とか勘ぐりだします
で、
案の定、抱かれるので
「なんでやねん」
と中途半端な突っ込みを入れてしまいます

その4:世代を楽しむ
ゴルゴはもう40年以上やっています
なので世界情勢もガツガツ変わっています
(ちなみにゴルゴもちょっとだけ老けていきます)
世界の情勢やアンタッチャブルな事が題材になるので、社会のお勉強になります
アシスタントやその時代の流行によっても作風や画風も変わるので、「あの時期のゴルゴが好きだ」というのも生まれてきます

その5:変なコマを探して楽しむ
上の画像は、僕の中では「変なコマ」になります
上の画像のコマもストーリー上では必然的なのですが、そこだけ抜き出すと、何か変な感じがします
「なんでゴルゴがお笑い語ってんだよ」
とか考えると楽しくて仕方が無いです
こういうゴルゴの強烈さから生まれる変なコマや、脇役逹の無駄に多いスラングの使用(例:このチリペッパーが)により生まれるスーパーゴールなども多々あります
ギャグ漫画に飽きた貴方、ゴルゴの中でギャグ探し(トレジャーハンティング)をしてみませんか?


今回は簡単に5つ挙げましたが、読んだ人の数だけゴルゴファンタジーが生まれると思います
ワタクシも、ここ一年間くらいハマって読みまくってますが、未だに全巻制覇には程遠いです
そんな漫画ってゴルゴだけだと思います
そういうオトナな暇潰し的要素も良いかもしれませんね
年末年始に時間があれば手を出してみて下さい
絶対に面白いですよ

それでは皆様、良い年越しを〜

posted by ナカタ編集長 at 01:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

川崎フロンターレ 関塚監督が辞任(涙)

2005年の開幕戦から川崎フロンターレを応援してますが、私にとっては関塚監督あってのフロンターレでした。

今朝、契約延長を保留したと聞いて、ちょっと「辞任」がよぎったんですが、とても残念です。
意思の強い方だと感じていたので「関塚さんらしいし、仕方無いかな」とも思いました。

そんな具合で、今は最高にローテンションです。


今シーズンのホーム最終戦でも、リーグ最終戦でも感じたことですが、去年途中で体調不良でリタイアした事をホントに悔やんでいる様子でした。
「タイトルを取る」という事が、リタイアした事への、ある意味で償いであるかのような感じを受けていました。
そう考えると、関塚関東はリーグ戦でタイトルが取れなかった時に、既に辞任の心は決まっていたのかもしれません。(天皇杯は残ってましたが)

改めて、ホントに残念です。
彼の作ったチームがホントに好きだったので、今となっては彼が居ないフロンターレはちょっと考え付かないです。


ちょっとだけ逸れますが、昔、確かロナウジーニョがバリバリだった時のバルサの試合を観たときだったと思いますが、試合会場であった国立競技場で観客としての関塚監督をお見かけしたことがありました。
すっごい興奮して、握手してもらった事がありました。(今思えばロナウジーニョのプレイ以上に興奮してたな)
全く当然な事なんですが「ああこの人もサッカー好きなんだな。」って嬉しかったのを覚えています。
そんな、サッカー好きの関塚監督なんで、きっとまた指導者として戻って来てくれると思っています。

攻撃的チームを作れる数少ない日本人指導者として、今後の充電と現場復帰をお祈りしています。(フロンターレで無くてもOKです)
監督なりに優勝に足りなかったパーツを見つけて、またいつか川崎フロンターレにも帰ってきてくれると信じています。

色々な選手を育てて、ちいさかったチームをJ1のトップチームに育ててくれた、関塚監督。
本当に今までありがとうございました。
この御恩は一生忘れません。

posted by ナカタ編集長 at 22:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

2009年の川崎F。ホーム最終戦。

Jリーグも本当に終盤です。
毎年恒例のホーム最終戦に行ってきました。

20091128等々力

今日の試合で、
川崎が負けor引き分けで
鹿島が勝てば
鹿島が優勝でした。

鹿島は3位のガンバ大阪と試合だったんですが、後半だけで5点取りやがりました。
携帯電話のワンセグで見てビビったよ。
でも、川崎も新潟に1−0で辛勝して、何とか踏ん張りましたよ。

今日の試合終了時点で
 1位 鹿島アントラーズ 勝ち点63 得失点差+20
 2位 川崎フロンターレ 勝ち点61 得失点差+23


つまり、次の試合(最終節)で、鹿島が勝てば優勝です。。。

しかし!
鹿島が引き分けor負けで、川崎が勝てば、川崎が優勝できます!
得失点差なら、ウチが有利!

何卒、よろしくお願い致します。神様。神様。神様!
タイトルが欲しいです!


さて、冒頭に書いたようにホーム最終戦だったんですが、観客は22,274人。
ホントに客の入るチームになりました。
昔(って言っても3、4年くらい前)は、15,000人も入れば「おお!すごいじゃん!」って感動したもんだよ。

武田社長の最後の挨拶にも、ホントにチームへの愛情を感じた。
今年はこれに尽きるよ。武田さんの為にもタイトル欲しいな。

来週は急遽、等々力でパブリックビューイング(無料)を開催するそうです。
裏ホーム最終戦ってところでしょうかね。行こうかな〜。


そんな感じで文章が飛びまくりですが、1つオマケ。
試合後に出待ちしてブラブラしてたんですが、なんとジュニーニョ選手からサインを貰いました。
試合後に、本当に丁寧に1つ1つのサインに答えるジュニ。
エラいっす。ホントにエラいっす。
うれしかったです。ありがとう。この勢いで優勝すんぞ〜!

091128_1704~02.jpg
posted by ナカタ編集長 at 23:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

【タテイシ写真館】価格破壊

圧倒的なプライスで価格が破壊されていました。

2個の方が断然お得じゃない!

2個買う方が圧倒的にお得じゃないし!


が、しかし!

4個買うと、2個買うのと同じ!

4個買うと2個と同じ値段で断然お得!


つまり、下のようなグラフになる。

3個で価格破壊

1個=98円
2個=378円
3個=378円(2個)+98円(1個)=476円
4個=378円(4個)

3個、高すぎ!

価格破壊も遂にここまで来たか。。。

posted by ナカタ編集長 at 13:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱いぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。