2006年11月20日

やっぱりW杯は惨敗だったんだよね

来る12/2にフジテレビで次のような番組が放送される。

『〜もう惨敗は嫌だ!〜  日本サッカー再生計画』

こういう番組の制作はサッカーが根付いている静岡だから出来ることなのかもしれない。(テレビ静岡が制作)

この番組が「惨敗」としたのは「W杯」のことであると思うが、あのW杯を「惨敗」と定義しただけでもエラいと思う。
そんな事を褒めなきゃいけない状況を変えるのが、一番の再生計画な気もするが。。。

とりあえず、個人的にはテレビじゃあまり辛口を見せない風間八宏がどれだけ爆発してくれるかが楽しみです。
posted by ナカタ編集長 at 20:39| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

これ誤字だよね?

昨日の日本VSガーナの記事の見出しですが。。。


周年

周年じゃなくて執念の間違えだよ?

新聞の見出しって駄洒落みたいのが多いから、その系統かと思ったけど、一つも「周年」なところないし。


さて、昨日の試合の感想です。
一応、テレビで観戦してたんですが、中々面白い試合だったと思う。
「のりしろ」がある感じは見ていて非常に楽しい。

ジーコ監督時代の日本代表といえば、いつも同じ感じで、閉塞感があり、親善試合くらいだと観ていてホントに詰まんなかった。
ジーコはチームを作ってるんじゃなくて、微調整してる感じだったし。

昨日の戦評として「長谷部を投入してほしかった」とか「とくダネ」で松木安太郎が言ってた。
そういう類の話を言っている方(書いている方)が他にも居た。
確かに勝負に出るならそれもアリだけど、この時期からそんな安直な「調整」をしてたら、タダでえ貴重な代表という時間を浪費するだけで、チームの「作成」というコンセプトを曲げることになってしまう。
そんな事より経験値の少ない選手に色々と感じてもらう方が余程為になる時期。
見る方も腹を据えて、そういう部分でワーワーいうの辞めて欲しいと思う。

とりあえず、こういう選出が当分続けば、選手の意識が変わる。
意識が変わればリーグは確実に活性化する。そうすれば。。。楽しみはまだまだ続きそうです。


あと、ちょっと離れて気になってるんだけど、川淵の辞めないの?
サッカーダイジェストもそういうの終わらせたっぽいけどどうなのそれ?
posted by ナカタ編集長 at 10:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

巨人もサッカー日本代表も一緒

「巨人の人気無くなった」
という報道と
「サッカー日本代表の人気が無くなった」
という報道はとても良く似ていると思う。

情報を発信する側が、そのスポーツの情報を安直にして受け手を疲弊させてしまった末路だと思う。

例えば、私がプロ野球で今一番欲しい情報なら今一番面白いはずの北海道日本ハムの話だろうけど、そんなのをちゃんと書いている所は殆ど皆無。

サッカーなら、J1で上位に食い込む我らが川崎フロンターレの情報が欲しいけど、それも皆無だ。


なのに、どっちのスポーツも海外に行かれた選手の情報の方が手に入りやすかったりする。

はっきり言って、海外移籍フィーバーみたいなバブルは視聴者からすれば、とっくに終わっているのに「松井秀喜が凡退した」だの、「中村俊輔が出場しなかった」だので記事にしてトップで報道したがる。

これは昔、無駄に巨人の情報だけが溢れていたプロ野球の状態に良く似ていると思う。

そんな情報じゃ野球の魅力もサッカーの魅力も伝わらん上に、大して面白くも無いのにだ。

そういう情報ばっかり受けていると、受け手はどんどん疲弊していく。
そのスポーツへの関心も無くなっていく。

ファーストフードを与えられ続けて、食事への関心が無くなってく感じか?


近年、特にメディアは張りぼてみたいだったサッカー日本代表と欧州へ移籍している選手のみを無駄に報道してきた。
本当にサッカーが好きでスタジアムに足を運ぶ人が欲しがるJ1やJ2の情報をちゃんとした形で伝えなかった。
そして今になって、現代表は「顔と名前が一致しない」なんて記事にする書く上に「海外組を選出しないオシムが悪い」なんて書くんだから、本当に困ったものだ。
ボケた老人がとぼけてる以上に性質が悪い。
スタジアムに通ってるファンは現代表の選手の顔と名前はちゃんと一致している。
一致してないのは、そういう情報を受けられなかった可愛そうな受け手と、安易な記事を書き続けて、ちゃんと取材していなかったメディアだ。

結局、巨人の人気低下を野球の人気低下に直結としたメディアの手法と同じニオイ。


いい試合。
いいチーム。
いい選手をちゃんと一通り伝えて欲しい。
そのベースがあって、海外や関連情報などのトピックスがある形にして欲しいと願う。

そうしないと、スポーツ知識に関する地域格差(スタジアムに足を運べる地域の人とそうで無い地域の人)は広がる一方だし、マーケットは縮小して人気も低下していく一方だと思う。
そうなると、メディアも一緒に死ぬことになる。
はやく悪しきスパイラルから抜ける努力を求む。
posted by ナカタ編集長 at 20:49| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

たまには良いニュースだ

最近、グチしか書いてなかったけど、たまには良いニュース。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20060912053.html

ここでも結構、書いたJリーグの審判問題。
問題の宝庫だった家村審判が研修1ヶ月で、その後適正検査なんだそうです。

「自信を無くしてる状態」らしいですが、まあ確かにそんな感じだったわな。
1ヶ月で立ち直れるのかって気もしますが異例の出来事が1回起こった事実はデカいです。
他にも何人か適正検査してもらいたいですねえ。
posted by ナカタ編集長 at 20:45| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

遺恨ってことで済むのかよ

日曜日にオシムを観てきました。


とはいえ、日本に居る息子のアマル・オシムの方なんですけどね。

つまり試合はナビスコ杯準決勝のジェフ千葉VS川崎フロンターレのカードを観戦したってことです。
俺、カップ戦って好きかも。
リーグ戦も面白いけど、トーナメント特有の「負けた時点でお疲れ様でした」ってのは、とても良い。
代表戦の裏面的要素もあるので、ナビスコ杯は観客が伸びないのが悲しいけど。


さて、ゲームの話に戻れば、このゲームは乱闘騒ぎがありました。
各メディアの記事によると「終盤の小競り合いから」という感じですが、観てた方からすれば後半は徐々に荒れていく感じで、最後に爆発しただけって感じでした。

ジェフのストヤノフの行為は、爆発のトリガーでしか無い感じ。
受けちゃった佐原も悪いけどね。それだけじゃ無かったという事は伝えたい。


とはいえ、一番問題だと感じたのは主審。
彼が観てないところでゲーム中は結構色々あって(観てないからあったとも言えるけど)、その時点で芽を摘んでいれば。。。
昨日のストヤノフは試合中からちょっとやり過ぎな感じがしたし。
厳しいけど審判のゲームコントロール不足だと思いました。
特に最後の乱闘は没収試合になるくらい戦ってるのに審判は全然コントロール出来てなかったし。
カード出すのって本当に難しいなあ〜と感じました。

一観客としはゲームもスコアも荒れてて、良いプレイも多々あった(水野のロングシュートなど)ので正直なところ面白くもあったんですがね。(不謹慎)
試合後に一部のファンが何やら騒いだみたいなので、そこら辺は頂けませんが。


そんで、駄目押しで一番悲しかったのはテレビ朝日の「やべっちFC」。

気に入らないのが
「ジェフVSフロンターレ」も「マリノスVSアントラーズ」も
波紋を残す荒れた試合だったんですが、そこら辺は触れずに報道したこと。

この2ゲームであったことは色々と議論されても良いと思うんですがねえ。
どこに遠慮してんのか知らんがサッカー番組と名乗るなら、やって欲しかったです。

特に「マリノスVSアントラーズ」の両チームが頭を打って倒れてる間に、アントラーズがゴールしちゃうのなんて、俺は最悪だと思うんですよ。
「ブラジルではどうの」とか「審判が笛を吹いてない」とか言って擁護する人もいますがね。
ゲームを止めなかったせいで、頭打った選手が致命傷に陥ってたらどうすんだって事ですよ。
特に審判の岡田とかいう「SR」というプロ審判が仕切ってる試合ではあってはならない事だと思うのですがね。

「遺恨」なんていう程度の話ではなく
「負傷したら審判が止めなくても、ゲームを止めるべきか」や
「審判がなぜ強引に止めなかったのか」など
もっと深い話が必要だし、議論されるべきテーマだったと思うんだがね。


サッカー界の発展は選手育成だけじゃなくて、こういう類の話もとても必要だと思う。
posted by ナカタ編集長 at 16:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

10/19

19-10.jpg
10月19日の話じゃなくて、今選ばれているサッカー日本代表の選手はリーグ戦、代表戦諸々含んで最高で19日間で10試合をこなすそうだ。
あり得なくない?


普通のJ1選手なら19日間で5、6試合くらいだと思うよ。
つまり倍は試合する上に、片道16時間も移動時間で移動先が灼熱のサウジアラビアだってんだから、早実の斎藤くんの4連投より数段あり得ないと思う。

ある意味で無理してるとこが美学の高校野球ですが、これはプロ選手がやるサッカーですよ。
どっかの企業なら労働組合が超過勤務で怒鳴りますよ。

もっとも、ファンとしてもフィジカルコンディション最悪の選手を見ても、あまり楽しくないんですけど。



話はちょいと変わって
その昔、私の通っていた中学校に元サッカー日本代表選手の信藤健仁さんが講演に来たことがあった。
当時はJリーグが始まる直前か直後くらいで、みんな「サッカーってどんなもん?」って感じだった。
そんな中で、信藤さんはサッカー選手は世界で戦うと色々と大変な事が多いというような話を色々なエピソードを交えて話てくれた。
サッカーへの興味はそんなに無かった時代だが、純粋に面白かった記憶がある。
そして一番記憶に残った話が、過酷な試合と練習が続くとプロサッカー選手でも普通に「血尿」が出てくるというもの。
選手同士では「あ、俺も出たよ」みたいに話していた。というエピソードが今でも強烈に脳焼きついている。
それ以来、「サッカー選手=過酷」みたいなのが私のベースになってます。はい。



過酷さだけなら今回の代表日程も全く負けてないと思う。
多分、今の代表選手も海の向こうで血尿出して頑張ってんだろうなあ。。。がんばれよ〜。


とにかく、アジア選手権の予選は通過すればOK。
選手たちには「ケガ」だけはしないように帰ってきて欲しいです。(祈)
posted by ナカタ編集長 at 18:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

腐ってる(笑)

川淵更迭キャンペーンスレッドまとめサイト

川淵ってゆーかJFAが。。。というか電通もだな。
広告代理店って怖いねー。

思うに川淵のオッサンの首を切れば、ここまで無駄な労力は電通側でも要らないはずなだろうけど。。。

あ。
無駄な労力が金になるから泳がすのかな?

川淵も悪いことするから、こういう取り返しが付かない状態になってるんじゃねーの?

ホント腐ってるねえ。。。
面白すぎます。


2chに工作員ってのがいるのも分かったし。

川淵擁護工作員自爆の瞬間



なんかね。
インターネットで情報統制的な方法をお金で成功させちゃうと、確実によろしく無い方向に進むと思う訳です。
極端な話ではなく戦争起こすことも出来るレベルの話だと思う。


まあ、電通サイドが大きなミスで川淵問題の視点をズラしてるようにも感じられなくもないけど。
とりあえず川淵を解任して、電通のやり口も潰しておきたい。
posted by ナカタ編集長 at 10:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

駄目審判には死を(審判としてね)

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/08/24/07.html

どうしても駄目な奴ってのはいる。

「やれば出来る」と「やっても出来ない」がいる。
プロである以上、後者の人にはやってもらわない方がいい。

特にそれが審判という職であるなら尚更だと思うのだが。


Jリーグには家本政明という悪名高い誤審だらけの審判がいる。
スペシャルレフリーという数少ないプロ審判の一人なのだが、審判として出たての頃から全くゲームがコントロール出来ない酷い試合が多い。

その内、Jリーグに慣れて、審判としての仕事が良くなればいいな〜と考えて、もう3年ほど経つが全く改善が見られない。
それが問題なのだ。


プロスポーツが興行である以上、彼を辞めさせて欲しい。
主役はあくまで選手なのに、客が審判の名前を聞いただけで、ガッカリするような人物が興行に必要なのか。
仕事の内容に改善のみられない人をそのままにしておいていいのか。


Jの各チームの中には汗水流して集客しているスタッフが数多くいる。
なのに、ただ一人の能無し審判のせいで「ゲームが詰まらなくなる=客足が遠のく」ような状況をほったらかしにしてていいのか。
甚だ疑問である。

とてもプロだと思えないような審判は別に彼だけでは無い。
それがとても辛い。


もう他の国から輸入してください。。。審判。(泣)
posted by ナカタ編集長 at 20:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

川淵解任デモの各サイトの取り上げ方

さて、昨日は川淵解任デモがあったんですが、各サイトはどう伝えてるか纏めてみました。

・asahi.com
既に記事なし(もともとなし?)
【評】いくじなし!やっぱ曲がった新聞なのかもねー。
試合に関する記事は山ほどあるのにね。


・MSN毎日インタラクディブ
(1)昨日の記事
人数(約400人)/更新時刻(毎日新聞 2006年8月9日 23時45分 (最終更新時間 8月10日 0時43分))
アドレス:http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/soccer/news/20060810k0000m050134000c.html
(2)今日の記事
人数(約500人)/更新時刻(2006年8月10日)時刻不明
アドレス::http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/soccer/news/20060810spn00m050016000c.html

【評】ほぼ実数と思われる数値。書き直すところもエラい。
デモのテーマも書いてあるので中々っす。


・読売新聞
人数(約400人)/更新時刻(2006年8月9日23時58分):
アドレス:http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/news/20060809ie32.htm

【評】さらっとした内容。当たり障りの無い人数。なんだかな〜。


・スポーツ報知
人数(約200人)/更新時刻(2006年8月10日06時05分 スポーツ報知)
アドレス:http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20060810-OHT1T00100.htm

【評】川淵のコメントあり。200人と弱気ながら書きたい感じは出てる。
やっぱ圧力あり?読売新聞より人数少ないってのが。。。


・産経Web
人数(約150人)/更新時刻(08/10 00:12)
アドレス:http://www.sankei.co.jp/news/060810/spo001.htm

【評】記事更新時間が「08/10 00:12」と他と変わらない割に、人数が過小すぎることからアレです。
バックトゥーザフューチャーでいう「腰抜け」です。もしくは「手抜き」。
まあ、文字でかけないから写真で表現してるともとれる。小さな抵抗か。


・SANSPO.COM
人数(約400人)/更新時刻(2006年08月10日 更新)詳細時刻不明
アドレス:http://www.sanspo.com/soccer/top/st200608/st2006081001.html

【評】昨日の試合の記事の最後に1センテンス。
オシムが試合の最後でトイレに立ったんじゃないことを書いているのはエラいけど。
触らぬ神に的な内容か。ダメっすね。


・ZAKZAK
人数なし/更新時刻(ZAKZAK 2006/08/10)詳細時刻不明
アドレス:http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_08/s2006081002.html

【評】デモが失敗したような書きっぷり。腑抜けっす。
ZAKZAKなら、ZAKZAKらしくブチあげて欲しかった。産経グループ敗退ですな。


・スポニチ
人数(約500人)/更新時刻(2006年08月10日付 紙面記事)
アドレス:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/08/10/06.html

【評】この時刻でもトップページから見やすい部分に記事あり。
すばらいしいっす。新聞記事としてもとりあげてるし。
横断幕も一応写真付きであるのも良い。


・ニッカンスポーツ
人数(約500人)/更新時刻(2006年8月10日8時39分 紙面から)
アドレス:http://www.nikkansports.com/soccer/p-sc-tp0-20060810-73329.html

【評】あっさり系。全然だめ。事実のみってところだけでもマシか?


・スポーツナビ
人数(約150人)/更新時刻(共同通信社 2006年8月9日 23:22)
アドレス:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20060809-00000083-kyodo_sp-spo.html

【評】共同通信社名義ですが。。。なんだよこれ。なっさけねーっす。



うーぬ、そろそろつかれました。。。

まあデモの実際はこんなかんじです。

【デモ映像】http://www.youtube.com/watch?v=guuK_hLz2pg

【横断幕が外されるところ】http://www.youtube.com/watch?v=IkwScw6ybzI

こういう時、You Tubeって便利だね。非常に便利。

こんだけやって報道しないのもねー。考え物だよ。
ちゃんと見てるから、ちゃんと記事かけよー!!

川淵会長にレッド
カードを!
posted by ナカタ編集長 at 15:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

A3、国立、川淵

abe_a3.JPG
昨日、国立競技場で「A3」のジェフ千葉vsガンバ大阪の一戦を
観戦してきた。

ジェフは監督がオシムジュニアになって、どうなったかが気になっていた。
優勝がかかった一戦ということで気負いもあったのか、フィニッシュまで行くけど。。。状態。
「オシムが居なくてもやれるんだ!」
というハートがモチベーションにもなってるが空回ってるとも言えるのかな?

少なくとも相変わらずの素晴らしい展開を見せてくれるジェフのサッカーは見ていて楽しいのは間違いないですがね。


そんで、その時に気になったのは芝生の状態。
お世辞にもあんまり綺麗な芝では無かった。国立ってあんなもんか?




で、今日のトリニダード・トバゴ戦に向けたオシム監督の昨日のインタビュー↓
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200608/at00010173.html

【抜粋】
もう十分話はしたが、私はメディアの皆さんと意見のキャッチボールのできる雰囲気を作ろうと思
っている。
このチームは若いし、(今回の)対戦相手はうまい。しかもグラウンド状態は、お客さんにお金を払わせるのに
値しない状態だ。明日はエレガントな試合にはならないだろう。



過密日程は「芝」にも良くないって言ってるのかな?
またも協会にチクリ。ってところか。



ちなみにワタクシ的には本日のメインはこっちです。

川淵会長にレッド
カードを!

今日もデモ活動があるんですが、まず間違い無くTV局はちゃんと報道しないんだろうね。
協会の圧力もあるだろうし。
報道しないのをちゃんと見ておきましょう。
「報道」なんてかっこいい言葉つかうんじゃねーってな。


しかし、ホントに最近の川淵くんの発言には、呆れるばかりです。
もっと有能な方だと思ってたのに。

ホント、辞めてくんないかな。。。ロートル会長。
posted by ナカタ編集長 at 12:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

オシムと川淵はガチでサッカーしたことある

なんだか、トリビアの泉にでも取り上げられそうなネタだけど、なんで俺、今まで気付かなかったんだ。
2001年の記事ね。(4/6のところに記載あり)

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/other/column/2001/ZZZJ16KJYOC.html

【抜粋】
もちろん僕もその試合に出ていたけれど、そのときのセンターフォワードが(身長)1メートル90センチくらいあってね。僕らの時代の日本代表選手で、1メートル80センチあったのが釜本(邦茂 現参議院議員)君くらい。僕が1メートル72センチで、チームの真ん中くらい――まあ、今じゃチビだよな。とにかくあちらは、頭がひとつ抜けているっていう感じ。それがまた早くて、うまいんだよね(笑)、ボール扱いが。スコアは1−6だったけど、まぁ10点くらい入ってもおかしくない感じだったよね。とってもうまくて……。


ここに出てくるデカいFWがオシムのことです。
「オシムの言葉」でも、彼が東京オリンピックで日本に来て、親切にされたってことが書いてあったけど、日本と試合したって書いてあったっけな〜。。。忘れた。

4797671084オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
木村 元彦
集英社インターナショナル 2005-12

by G-Tools



☆オマケ☆
上にある本の画像ですが、帯が今本屋で売ってるのと違います。
posted by ナカタ編集長 at 10:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

中田英寿の引退で1つ気に入らないこと

前にも書いたが、彼の引退は残念だ。

が、1つ気に入らないことがあった。


彼の引退が、川淵会長の死に損ないの責任問題を逃がす煙玉になってしまったことだ。
日本サッカー界を憂うなら、彼の口からもっと真実を語らせなければいけない。

中田自身が会見開くなり、朝まで生テレビ出てくるなり。
どういう形であれ、現場の人間を含んだ形で多くの人の耳や目に入る形で今回の代表について討論すべきだ。

正しく議論されれば、川淵の責任問題もちゃんと出てくるだろうし。

土壌が腐っていると、どんだけ良い種をまいて、良い肥料を使っても、良い作物は育たない。
このままじゃ、オシム氏が勿体無いので是非とも三郎には辞めて頂きたい。
過去がどうであれ、私服を肥やして土を汚す人材なら不要だ。

サッカーはボールの無いところの動きが大切なんです。
ある意味、川淵会長のいるところも、ボールの無い大切な場所の1つだと思うんですが、もっと汗かきプレイの出来るフレッシュな人材に代えてみてはいかがでしょうか。
posted by ナカタ編集長 at 01:21| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

嫌われマテラッツィの一生

そんなタイトルが似合いそうなマテラッツィですが、彼が評判悪いのは今に始まったことじゃない。

ファール貰いにいくのは昔っからオーバーだし、あぶねーファールばっかするし、口も悪い。

W杯の決勝戦でフランスのマルーダがシュミレーションでPKもらったけど
あれ相手がマテラッツィじゃなかったら取られなかった可能性ってない?って本気で思ってるくらいだ。


こういう選手も味があっていいという人もいるかもしれんが、選手生命を奪いかねないようなファールをする奴は俺は大嫌いだ。

とはいえ、FIFAから制裁とか、再試合しろとも言わないけどね。
「相手がジダンだから」でイタリアやマテラッツィにペナルティを科すのはフェアじゃない。
でも、それって悔しい。
なので今まで奴に悔しい思いをさせられてきたサッカーファンの恨みパワーでガツンと吊るし上げて欲しい。


ちなみに、決勝で笛を吹いたアルゼンチン人の主審はあんまり好きじゃない判定をする人だった。
だから、この試合でも判定絡みで何か起こるんじゃねーかと思ってたけど。。。
シュミレーションとジダン退場だからね。今回のストーリーは遅くともそこから始まってたかも。


あと、ジダンの映画が公開されるけど、マテラッツィの映画も作らないかな?
この映画はあの頭突きで2つの話がクロスする形になると。おもろいと思うんだけど。

サッカー界の明(彼の頭の事じゃない)。
サッカー界の暗。

つーことで、マテラッツィ側の映画のタイトルは記事のタイトルでどう。ダメ?
posted by ナカタ編集長 at 20:22| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

世界の恥さらしとなる前に。川淵君わかってるね?

全く、日本人として、お恥ずかしい限りだ。

http://dabadie.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_a443_1.html

上のフローラン・ダバディのように、モノ言える協会の人間が居ないなんて。
これじゃあ、プロ野球のオーナー会議より先が暗いぞサッカー界。


川淵の死に損ないの根性なしに、これくらい言える日本人のサッカー関係者は居ないのか。

ダバディの言ってる事を、そのまま実施しろってんじゃーないし、大賛成!って訳でもない。
でも、彼以上に協会へ意見しようと努力している人間は日本人には「ゼロ」ですよ。

そういう日本人が居ないのも悪いですが、ゼロにしている死に底無いの悪魔神官 川淵は最強に悪い。

第一、「代表監督」という紋所を出して、千葉からオシムを引っこ抜くという「お上」な思想からして、ジェントルじゃない。
Jリーグを蔑ろにしているとしか思えない行為だ。
もう川淵という人の形をした悪魔は、ナベツネという悪魔を悪くいう「権利」も「口」も持ってないはずだ。

だれか早々にトドメを刺してくれ。
協会の窓を開けて、換気しないと、いい人まで死んじゃうぞ。
posted by ナカタ編集長 at 21:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

「サッカー日本代表」の引退

ひで2000

美しくて、頑張っていて、輝ける選手というのは
「活躍している」
という状況が一番しっくりくると思う。

だから、今回のW杯でジダンが活躍しているフランス代表がまさにそれで、とても見ていて快感なのである。
走り回って、綺麗に魅せる。これがサッカーだと思う。

同様の思いができる日本人選手が一人だけ居て、それが中田英寿でした。
少なくとも俺にとって中田英寿は日本人で唯一W杯のサッカーを見せてくれる男だし。

今大会でも、走り回って躍動する彼には満足はしても攻撃面で中々輝かない彼には物足りなさを感じていました。
勝負に集中する術を知らない何人かの選手が彼を邪魔するんです。
彼には飛ぶ権利があるのに美しく羽ばたけないのが、とても残念でした。
もし彼が、今大会でのポルトガル人だったら、もっと世間の評価も良かったのにって。正直、ガッカリしてました。
もう駄目かもって。


でも、ジェフ千葉で走るサッカーを実践するオシムが次期代表監督となると聞いた時に、真っ先に中田が後4年はプレイしてくれないかなーと思ったりもした。
彼の「走る」というキーワードが具現化されるサッカーが日本代表の形として見れるかもしれないと。
トリニダード・トゴバ代表のヨークが34歳で走り回ったように、中田英寿もオシムジャパンで走り回ってはくれないだろうかと。


そんな思いとは裏腹に引退しちゃったけどね。

昔から、長い間プレイはしたくないって、言ってたような記憶もあるし。
今回の引退記事が出たときも
「おー。」
と一瞬思ったくらいで、正直なところ不意打ち喰らったような驚かなかった。
けれど、先述したように
「もっと見たい。見たかった。」
という気持ちが沸々と湧いてきたので、私はとても悲しくなった。

「お疲れ様」は早いと思うので言わない。
だけど彼ならまた、何かで走りまくってくれると思う。期待しまっせ。
ちなみに俺はいつでも引退撤回OKです。
そして、そっちの方が俺にとってはサプライズです。


ちなみに写真は5年前のシドニー五輪のころの彼。
そういえば、こういうバネのあるシュートって中田の独特な感じだけど、最近見なくなってたな。。。
また見たかったっす。うーんやっぱ残念。
posted by ナカタ編集長 at 03:07| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

うっかりキャプテン 川淵

image/tateishisite-2006-06-26T17:34:51-1.GIF
何にせよ辞任だよ。君は。
もうウンザリだ。
posted by ナカタ編集長 at 17:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

身近な情報操作(ジーコ編)

ブラジル戦後のジーコのインタビューに違和感を感じてました。

聴いてて「へー。ポルトガル語でそんな日本語チックな言い回しがあるんだ。」って思ったのと「悔しい」と言ってないように感じたこと。ちょっと意訳されてんだろーなーって思ったですが、意訳どころか湾曲されてたことが分りました。

恐らくサッカー協会主導の情報操作かと思われます。
キャプテンが後々の批判を出来るだけ避ける為に行った保身作業の一つなのかな?
ニュアンスまで伝えようとして、こうなってる。。。ようには思えないし。
全文訳は↓で読めます。

レスポンス:ジーコ監督がほんとうに語ったこと…ワールドカップ敗退

ちなみに上のサイトは通常、自動車専門です。
サッカーやスポーツ系のサイトだと、この情報操作について圧力掛けられてるから、こういうの言えないんだろうな。
今まで聞いてきたジーコのインタビューの訳も怪しくなってきたように感じる。
セコイぞサッカー協会。
練習を公開するのよりこっちの方が大事だ。
川淵キャプテン以降はフェアプレイで頼む。
posted by ナカタ編集長 at 10:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

【W杯】ブラジル先生、ありとぅーす。

前半はいい夢見させてもらいました。

負け惜しみかもしれんですが、W杯で今回のブラジルに勝ってる時間帯があっただけでも素晴らしいことだと思います。
あれは本当に素晴らしい時間だった。

しかしブラジルは凄い。
サッカーはファンタジーでは無くて、基本動作の積み重ねであることを日本人に心底教えてくれました。
ジーコのシュート練習ラッシュと同じコンセプトですよ。
あの監督、時々へマするし名将では無いけど間違っちゃいなかったってことだな。
とても良い試合だったと思います。


三都主選手には謝っときます。日頃ボロクソに書きましたし。
正直、彼が一番頑張って見えた。
その分、大会中終始煮え切らない表情の中沢選手のが気になったけど。

高原は。。。あいかわらず運の無い男ってことで。お祓いでもしてもらってください。
城みたいに、もう上がってこれないかもね。
川口もオーストラリアの影を背負ってたよね。ナイスセーブも沢山あったけど、どこかギコチなくもあった。


個人的に一番印象に残ったのは、サポーターにもっと声だして貰いたかったこと。
3点目取られた時にサポーターも試されてたと思う。
「ブルジョアの観光客揃いだから」って言われば、それまでだけど。
サポーターがぬるい4年間だったけど、それを思い出させてくれる感じだった。


そんで、中田英寿選手、お疲れ様でした。
今日は燃えカスみたいな体で戦ってたのかな。全然キレてなかったし。
そんな中でも、彼の動きからはいつもファイトを感じる。
あの情熱を南アフリカで見たいんだけどなあ。。。
ただ、試合終わった後の感じだと最後なのかな。うーむ。


今回の日本の結果をちゃんと次回の入力にしないと、日本のサッカーは進化しません。
無駄にならないように、しっかりと分析してもらいたいです。
川淵キャプテン、辞める前にそこだけヨロシク。
posted by ナカタ編集長 at 06:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

【W杯】クロアチアVS日本

うーん。

シュートを外した柳沢よりも高原の方が重症かな。。。
出て行くタイミング悪いし、消えてる時間多いし、ボール取られるし。
交代して入った玉田も緊張してたのかな?
カラ廻ってた。
大黒はいつも通りだったけどね。フランスに行った効果かな?

三都主はまあまあ良かったと思うよ。
シュート打たなきゃダメだってことで、変なドリブル控えめで遠めからどんどん打ったし、チャンスメイクしてたし。
稲本が思ったより良かったのが収穫だった。

こういう試合は小笠原に点とって欲しかったけどねー。
全体的に、攻撃で半テンポ遅いのが0点になった要因でしょうか。

で、守備。
今日は見てて、そんなに怖くなかった。お疲れ様でした。

川口。
彼に貰った勝ち点1なんで拍手です。(変なミスあったけど。。)
PK止めたような、ああいう引きの強さにはホント驚かされます。


さて、皆さん忘れてますが、今日の試合は日本が海外のW杯で初めて取った勝ち点だった訳でございます。
記念すべき勝ち点1だったので、こっそり良しとしましょう。


次回はDF宮本が居ないので、どんな試合になるのか楽しみです。
層が薄いCBが欠けた状態でジーコどうするかな。
どうせなら中田英も外して、アジア杯メンバーでやるのはどうだろうか。
posted by ナカタ編集長 at 00:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

アフリカのサッカーが欧州のチームのDFをズタズタにするのが好き

タイトル長いっすね。
現在、W杯でコートジボワールとオランダが試合をしている。

なんだかオランダよりの判定で不服だ。プレイもなんだか汚いし。
ファン・ニステローイなんて嫌いだー。

前回大会のセネガルを見て以来、アフリカのチームがヨーロッパのチームや世界の強豪国をやっつけるのが大好きだ。

彼らの柔らかくって、緩急のあるファンタスティックなプレイにいつも心躍る。
ブラジルのそれよりも心躍る。未知な感じがタマランです。

今、2−1で負けているけど、後半に逆転してほしい。
僕にとって、オランダのトータルフットボールより、コートジボワールのそれの方が決勝トーナメントに相応しく思う。

少なくとも次回大会(南アフリカ)も今から楽しみでしゃーない。

続きを読む
posted by ナカタ編集長 at 02:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。