2009年11月13日

ジャイアンツと松井秀喜の勝利を味わう季節

091113_0032~01.jpg

今年もナンバーのベースボール・ファイナルの季節がやってきた。

まだ1ページも開いて無いが、楽しみで仕方ない。
ジャイアンツが負けても、これだけは楽しんで読める。
勝った今年はもっと楽しいはずだ。

サッカーの記事もベースボール・ファイナルくらいに読みごたえがあると嬉しいのにな〜。


posted by ナカタ編集長 at 00:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

マツイヒデキという伝説

こんなに夢中になって、ワールドシリーズを観たのは初めてでした。

夢中にさせたのは「ヒィデキ〜マトゥイ!」のせいです。

ワールドシリーズ制覇が決まる世界最高峰の試合の中でも、1人だけ別次元の集中力とオーラを見せ、物凄い結果を出した松井秀喜に心から感動しました。

ヤンキースは、リベラもジーターもA・ロッドもあんなに凄いのに、それ以上ってどうなんだよ。
恐ろしすぎます。
メジャーリーグの長い歴史の中で、伝説的な指名打者という1ページを作ってしまったたのでは無いでしょうか。

スタンドから大声援の「MVP」コール。そんなの初めて聴いたぞ。
鳥肌立ちました。

記録のイチロー。記憶のマツイなんですかね。
ホント凄い。

MVP!!!

大怪我もあったし、起用法に不満もあっただろうけど、文句も言わずにひたむきにプレイし、結果を残す。
派手じゃないのに輝いてしまうのは天性なのか天命なのか解りませんが、本当に凄い男です。

心の底から「おめでとうございます」とお伝えしたい。
そして、是非とも来シーズンもピンストライプでプレイして欲しいと思いました。

MVP!

posted by ナカタ編集長 at 14:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

X3

原ジャイアンツが強い。

なんかしらねーけど、いつのまにかV3。
でも、この3年間で日本シリーズに出てない時もあるから「常勝」って感じがしない。

少なくともこの実績なら、後々で振り返れば「名将」という冠は貰えると思う。
監督が前面に出るわけではなく、原辰徳の選手が前に出てくる野球はとても好きです。
シーズンを通すと後から沸々と原辰徳の威光を感じます。
(日ハムの梨田監督もちょっと似てるかな)

他から獲ってきた小笠原やラミレス、グライシンガーが居なければ。。。とか言われますが、その辺の事も考えていると思います。

あと7年優勝して、V9超えしてもらいたいです。

posted by ナカタ編集長 at 00:25| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

花巻東は岩手の野球の伝道師だと思う

エース菊池ってのは、球筋も精神力も一流だけど、野球脳は一流で無いと感じる。
正直、岩手の野球偏差値はそんなに高く無い。
90年ぶりのベスト4というのは地域的な実力もある。

しかし、彼らの野球には「野球の神様」が付いてるような何かを感じる。
野球に対する真摯な姿勢。
チーム全員が盛り上げていこうというムードを感じる。
長島茂雄が日本代表監督時代に「野球の伝導師たれ」とメンバーに言ったように、花巻東からは「我らは岩手野球の伝道師だ」という気迫を感じる。

岩手という野球不毛地帯に生まれた天性と努力家を併せ持つ「エース菊池」。
それが誘い水となって生まれてくるチーム全体の自信。
それが花巻東の強力なパワーになっている。

ただ、ここから2つ勝つには、まだ何かが足りないと感じてしまう。
花巻東には、努力があり、運と勢いもある。
持論になるが、初々しさが目立つ甲子園は、実は「老獪さ」は重要なファクターだと思う。
この花巻東には「老獪さ」を感じない。

1試合ごとに成長していく彼らなら、足りない「何か」を急速に埋めてしまうかもしれないし、これを埋める別の力があるかもしれない。
そうなった時のドラマを期待してしまう自分です。

posted by ナカタ編集長 at 14:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

王監督、お疲れ様でした

王監督、お疲れ様です。

王監督が、ホークスのホーム最終戦の後にご挨拶。

選手時代は生で見てないし。
ジャイアンツ監督時代は神経質な感じであんまり好きじゃ無かった。
ホークス監督時代が一番好きです。

勇退の挨拶は、実にジェントル。真にジェントルです。
とても紳士で上っ面じゃない穏やかで篤い挨拶。
50年間も野球界の中心で且つ現場で引っ張ってきた人間だから出せるオーラなのでしょうか。
ちょっと凄味のあるものを拝見させていただきました。
(やっぱ某前全日本監督は違います。当然か。)

それにしても体が小さくなりました。
とりあえず静養していただいて、今後もお元気でお過ごしください。
posted by ナカタ編集長 at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

ベンチがアホやから野球がでけへん

星野監督、本当に采配が悪い。

本当に悪い。
勝負どころで「?」

監督は明らかに試合勘が落ちている。(そもそも無かった?)
継投でこんだけ失敗してるのを観ると、捕手とベンチの連携が不足しているようにも見える。

どうやって勝っていくかが「代表の人選」「ミクロやマクロな戦術」「選手器用」の全てで筋が通ってないから選手が混乱する。
混乱するからミスが出る。
ミスが出るから力む。
それらの挽回を「選手頼み」にたベンチワーク。
正直、ベンチにクレバーさが足りない。
パワープレーが出来ない国がこれでは勝てない。

所詮は日本一になれない監督が世界一になるはずも無いということか。

あれだけ集めて、負け越しだ。(まだ試合中だけど)
アホなメディアは野球を「不人気」として叩くだろう。
まあ、男子サッカーはもっと酷い不人気なんだけどね。。。

うーん残念。
posted by ナカタ編集長 at 14:28| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

福留は要らない

中日の福留がFA宣言で最初に巨人と会談して「好感触」なんだとか。

まあ、最初に会談したところと「好感触」って事にしておけば、金額は釣り上がるだろうし。
他との交渉で有利だから。

という事にしてほしい。
巨人にとって、あの故障しやすいエラの張ったワガママな男は要らない。怪我が多いのは高橋だけで十分。
あんな中距離ヒッターはいらんですよ。高橋と被ってるし。
大体、松井秀喜の日本最終年の三冠王を阻止した男ですよ。アレは。
メジャーにでも連れて行かれて、打てなくて、干されれば良いよ。アレは。

本当に要らない。

それなら、斉藤をクビにしないで使ってくれる方がジャイアンツファンは嬉しい。

ああ、福留嫌いなのに。。。本当にご勘弁を。
まあ、新井も要らないけどね。
(そういえば広島は阪神の2軍なのですか?)

つまり誰も要らない。(特に打つ方は)
来年も同じメンバーでもう一度、優勝目指そうよ。
それが大事だと思う。
posted by ナカタ編集長 at 01:28| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

日テレのばかー

g_2007.jpg
ジャイアンツが優勝した。

そして日ハムも優勝した。


惜しかったな〜。


時代が時代なら、「夢の東京ドームでずっと日本シリーズ」が実現出来てたのに。


戯言はさておき、原ファンなので、原ジャイアンツが優勝するのはとても嬉しいです。


ああ、こんな事なら、BSを観れるようにしておけばよかった。

なんで、「踊る!さんま御殿」の横に出てるちっちゃい画面で原監督の胴上げを見なきゃ行かんのだ。
そんなんなら、やるなよ。惨めったらしい。日テレは「さんま」も「ジャイアンツ」もバカにしてる。

そもそも、終盤戦で盛り上がってる時に、全然ジャイアンツ戦を放送しなかった日テレには、八つ当たり的な怒りを感じる。
少なくとも日テレはプロ野球を盛り下げた。

今回の優勝決定試合の放送でも、日テレには抗議の電話もいっぱいあったみたいだけど納得。
日テレなんて過去、何十年も消化試合みたいな面白味がない試合を散々放送しておいて、今回みたいな大事なところで放送しないんだもん。
そりゃ、いろんな意味でご立腹するよ。
NHKもBSで放送してるんだったら、地上波でも緊急特番扱いで放送するくらいして欲しかったな〜。

「プロ野球離れ」っていうけど、それに巻き込まれて「プロ野球離され」になっているファンが俺も含めて沢山いる事を知ってもらいたいです。
posted by ナカタ編集長 at 10:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

工藤公康、ハマへ行くの巻

ジャイアンツがFAで門倉を取った代わりに、工藤がベイスターズへ行くことになりそうです。

どっちが得したのかは分りませんね。

が、私の好みで言えば工藤公康です。
昔ほどの迫力は無いけど、やっぱ上手いしね。
見ていて楽しいのだ。

とはいえ、工藤選手が登板すると後ろの投手が準備する必要があることと、それなりの扱いをしなければならない。あと高いしね。
ようはジャイアンツからすると「メンドイ」って奴でしょ。ジャイアンツがプロテクトを外したのも悲しいけど分る。

私は彼のコーチング能力を買っていたので残念です。
ジャイアンツには内海や西村のような今後を担いそうな若い投手が多いしね。
そういう意味ではドラゴンズへの川相流出の時くらいショック。
桑田に続いてカリスマ的投手の流出(放出?)は悲しいっす。

門倉という投手は、10勝10敗タイプというか、チーム事情があったにせよ貯金が出来ない投手なのであまり好きじゃありません。
こういう投球回数を埋めてくれる先発投手ってのが優勝するには大事だってのも分るんですがね。
もう一皮化けると面白そうだってのも分る。その辺に期待かな。

ひとまず、工藤公康の逆襲を信じて、縦縞の彼を応援してみます。
西武、ダイエー、巨人。
渡り歩いては日本一にしていく男だしね。もしかするとベイも。。。


ところで、正式発表前に外野とベイがガヤガヤ騒いでるようなので、筋を大事にする工藤選手は困ってるんじゃないだろか。
最近のプロ野球の人事関係の話って、ちょっと節操が無いのが多い気がするのが気になる。
posted by ナカタ編集長 at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

この選手がいるあいだに

プロ野球を見ていると
「この選手が絶頂の間に、このチームを優勝したい(させたい)な〜」
というのがある。

古い話だと、ベイスターズの大魔神佐々木。
去年ならロッテの小林(雅)。

チームが弱い時から安定した活躍をする1流選手には優勝を味わわせてあげたくなる。

今年であれば、この2人もそれにあたる。

セットアッパーではなく、ストッパーとして最高の状態である鉄人岩瀬
「空振り」でスタジアムをどよめかすフルスイングの3割バッター小笠原

ちなみにどちらの選手も今年優勝したチームに所属する。
こういう選手が優勝したチームにいると観戦している方は非常に楽しい。

しかも彼等は今回の日本シリーズで対決することも出来るのだ。
彼等の対決が最高の場面で見れることを期待したい。
posted by ナカタ編集長 at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

ロッテのドラフト

大嶺くんのドラフトですが、色々としがらみもあるだろうし話の順序が前後したかもしれないけど、ロッテに入って欲しいな〜と思う。
ダメかな?

昔、ロッテといえば不人気なことを自覚してて、大物選手をドラフトで引っ張ることをまずしなかった。(出来なかった?)
1990年にも8球団から指名を受けた小池投手をくじ引きで当てても、入団拒否とかあったしね。ちょっとトラウマになってた時期があった。
来は公平を保つ意味もあるドラフトなのに、ロッテは公平なドラフトが出来なかったんだな。

それが近年では広報の人が頑張ったおかげもあり。。。

まず、熱心な千葉ファン。
そして若くて人気のある選手。
トドメがバレンタインで昨年は日本一。

これらが整ってきて、やっとちょっと強気なドラフトを出来るようになってきた結果が今回の「大嶺選手の指名」に繋がったのではないか?と推測している訳です。

確かに今回のロッテのやり方はヘタクソだ。
沖縄からすれば、福岡へ行く方が距離的にも気分的にも安心なのも分るけど、
大嶺くんは他のドラ1より数段は未完な選手なので、1年浪人とか辞めて欲しい。
それをやってスケールダウンした選手が山のようにいる事実を重く受け止めて欲しいです。

大嶺くんの親代わりである伊志嶺監督には、あんまり意固地にならん方向でお願いします。
posted by ナカタ編集長 at 09:58| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

WBC、甲子園そして都市対抗

春はWBCでは日本が優勝。
夏の甲子園では素晴らしい試合が多かった。

そして、都市対抗野球です。

1回戦初勝利というチームが優勝してしまうという約半世紀ぶりの快挙がありました。
優勝したのは秋田のTDKなんですが、何でも船木監督の采配がとても素晴らしかったみたいです。
2、3試合はちゃんと観戦してみたかったなあ。


野球ファンのみなさん。
あんまり目立ちませんが、ここんとこちゃんと押さえておいてくださいね。

つー訳で
奥さん、今年の野球はドラマチックみたいですよ。(小さい声でこっそりと)
posted by ナカタ編集長 at 23:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

野球が凄いっていうか選手が凄い

高校野球の殿堂入りだな

すっごかったね。
早実と駒大の試合。

あんなの高校野球の漫画でアレやったらやり過ぎって言われるぞ。
そんな展開だった。
みんなキャラ立ち過ぎだし。
現実が想像力を超えるとこういう事になるんだね。
それともオレの想像力が貧困なのかな?

そもそも、今大会はいいチームが多かった。
どこのチームもご苦労さまでした。

ところで、だれかノンフィクション小説で今大会を纏めてくれ。
俺は買うぞー。
posted by ナカタ編集長 at 21:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

神宮球場にて

ヤクルトVSオリッ鉄

今年も何故か交流戦に行った。

東京フルターズ大阪キヨハラーズの試合です。

印象に残ったことは

1.「ねえ、交流戦ってもう終わったの?」と言った女が居た。

2.石井一久の気まぐれなバッティング。

3.青木のホームへの送球。

4.キヨハラーズのラッパ隊のウチ1人が下手。


以上です。

そういえば、今年もセリーグのチームが負けました。
うぬ。偶然でしょうがね。
交流戦は良いなあ。
posted by ナカタ編集長 at 21:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

阪神のユニホーム似合うっす

image/tateishisite-2006-05-19T13:06:37-1.jpg
いや、すげーや。
新庄すごい。

http://tateishisite.seesaa.net/article/16953253.html

↑の記事の最後にも書いてたんだけど、まさか現実になるなんて。。。

なんだかんだ言われますが、俺は奴のファンですよ。
俺でこんなに感動してるんだから、阪神ファンで新庄ファンの方々には涙モノだったんじ
ゃないでしょうかね。


無断転用ですが、ごめんなさい。
記念に写真張らせていただきます。

新庄選手、良いもの見せてくれて、ありがとう。
posted by ナカタ編集長 at 13:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

新庄引退

新庄

何度と無く引退の危機(?)を迎えた珍しい彼ですが、完全燃焼するタイプではなくて、あくまで魅せることに命をかける選手なので、自分の動きに満足いかないなら間違いなく辞めるだろ。

今後、代打の切り札なんかで新たな「魅せる」場を与えてあげて、ファンもそれしか望まないような環境になれば続けるかもしれないけど、そんなの無理だろうし。
ひっそり辞めずに興行的には美味しい、シーズン初頭で引退宣言なんて彼らしい日ハムへの恩返し(置き土産?)だと思う。
興行は新庄におんぶにだっこじゃ、今後の日ハムの為には良くないしね。

花火みたいな人だから、ギリギリ輝いてる今のうちに引退するのが新庄流なのかな。
ああ、阪神のユニホーム着た新庄がもう一回見たかったな〜。無理だけど。
せめてマウンド上がっとく?
posted by ナカタ編集長 at 20:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

野球人気の底力。

やっぱ野球の人気ってのは凄い。
歴史がある分、サッカーより根が深いなあ〜と感じる。

雑誌NumberでWBC優勝が特集されている650号なんですが、本屋の棚に並んでる姿すら見れなかった。

Number 650

久々ですよ。
こんなにこの雑誌が売れるのは。
王ダイエーと長嶋ジャイアンツの日本シリーズを特集した号を発売した時以来だと記憶します。

サッカー、オリンピック、色々と人気のある特集はありますが、Numberの表紙が拝めないなんて事はまず無いです。
そういう細かな所で、野球人気の底力がズバ抜けている事を感じます。

インターネットのサッカー。紙媒体の野球。ってことなのかもしれませんが、それだけでも無いように思います。
日本人はまだまだ野球が大好きだってことなんでしょう。

だから、メディアも成金も、もっと野球を大切に扱ってあげて欲しい。
叩くところは叩くで一向に構わないし、買収しても構わない。
だけど大切に思ってる人が悲しまない程度に扱って欲しいと思う。


あ。ちょっと話戻ります。
Number 650号の中刷り広告に使ってた写真。ホントに良い写真だと思いました。
パチっておけばよかったかな。。。
posted by ナカタ編集長 at 22:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

ジャイアンツ強い

ジャイアンツ強いね。

うん。
それだけ。


今年は優勝だな。そんな雰囲気を感じる。


ちょっと楽天に分けてあげなよ。戦力。

続きを読む
posted by ナカタ編集長 at 23:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

WBC優勝

胴上げ3回


川崎(むねりん)の手、届いてなくね?


全体的に日本よりな判定だった気がします。
小笠原の四球も。
松坂のストライクも。

ま、審判は絶対らしいんで良いけど。。。


考えてみれば、キューバはアメリカでやる以上、物凄くアウェーなんだよね。
それでも準優勝っていう結果を残したのは凄いことだと思う。


あと、松坂がMVPってのもメジャーからのメジャーへの布石に見えた。
投手で評価されるなら上原か大塚。
個人的には藤田&藪田&藤川のセットアッパー陣に挙げたい。

ごちゃごちゃ書きましたが、この日本代表の「優勝」は時間が経つほど輝くはずです。
サッカーW杯の「ウルグアイ」のようにね。
直近でも野球人気への最高のカンフル剤になった。選手名覚えた人多いんじゃない?


とても良い試合をしてくれた彼らの為にも、日本球界の改革がWBC優勝というオブラートによって停滞しないことを祈ります。
ディフェンディングチャンピョンらしく真摯にね。


あー面白かった。
さて、西岡を応援しにマリンにでも行く計画立てようかな。
posted by ナカタ編集長 at 14:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

【WBC】準決勝は韓国VS日本

嬉しい。

メキシカンの意地を感じた。
仲良くしたいぜメキシカン。

相当諦めてたんですが、メキシカンを舐めてました。
まあ、あんなアホ審判にクソ判定されたらメキシコもキレるわな


しかし、メリケンも弱かった
アメリカも「格下」と言われる相手との戦いで、モチベーション的に厳しいところもあったのかな。
次回はチャレンジャーとして挑める訳だから、ズル無しでも勝てるアメリカに期待したい。
その時は、ガチ+アホ審判抜きでやりましょう。


しかし、あんな素晴らしい日本VS韓国のゲームをまた見れるってだけでゾクゾクします
兵役免除でガードが下がってる(かもしれない)韓国に思いっきりパンチしちゃれ!
今度は負けねーぞ!

目指せ!3度目の正直!
posted by ナカタ編集長 at 19:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。