2007年11月12日

東京モーターショー2007へ駆け込む

東京モーターショーへ行ってきた。

予定が立たなくって、半ば諦めてたけど何とか行けました。
ただ、最終日だったので早めに行って、早めに帰ってきたのだが、早めに帰っても後悔しないくらいの内容だった。

前回(2005年)の時の方が遥かに面白かったな〜。

若干目新しかったのは
スズキの「兆(キザシ)」とマツダの「大気(タイキ)」くらいか。
(ちなみに両方ともコンセプトカーの車名です)

あとは2年前と特に代わりばえのしないコンセプトカー達。
レクサスもやる気感じないし、GT-Rで入場制限かかってた日産も気合感じないし。
GT-Rの周りは人だかり

ホンダの「CR-Z」も個人的にはシラけた内容だったかな。
もう直ぐで無くなるS2000の最終モデルを見てる人が多かったのが現実じゃないかな。
ホンダはバイクのブースの方が面白かった。ヤマハもカワサキも含めてバイクメーカは頑張ってたかな。
ホンダのコンセプトバイク。マフラーの処理なんかがカッコイイ。

海外のメーカだとシトロエンのコンセプトカーが面白かったかな。
画像だと見えにくいけど、内装と同じような柄がタイヤに色つきで入ってて、ああいう雰囲気のオシャレって他社の車でも中々観たことない。
あそこのメーカのデザインって秀逸だな〜と思いました。
シトロエンのコンセプトカー

ガソリン高騰と環境問題で車ではしゃぐこと自体がナンセンスなのかもね。
それとこれとは同じようで実は別次元だと思うけどなあ。

業界として限りが見えてきたってことなのか、それとも転換期なのか。
何も新しいものは打ち出してない印象です。
メルセデスベンツのサスペンションに関する技術的なプレゼンは面白かったけどね。

そういえば、おねーちゃんも「あんまり」でした。
未来に期待したいが、2年後に期待できる状況でもないと感じた。
posted by ナカタ編集長 at 03:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65991889

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。