2010年06月30日

ダサさの中に美しさがある。それが日本のサッカーです。

日本対パラグアイを観ての感想です。

まずは、日本代表の一員を称えたい。
岡田監督にも拍手だ。
交代した選手については、結果論から言えば、成功しなかったカードもある。
しかし、3名とも攻撃的な選手を入れた時点で、岡ちゃんの勝負師魂が出ていた。
阿部と憲剛を代えた時なんて痺れたよ。
阿部で成立していたディフェンスのブロックを崩して、憲剛を入れた。
「ここで、そのカードを切ったか。」って。
選手もその意図を感じ取って、辛抱強く、攻めて、守った。

川島、中澤、トゥーリオ、駒野、長友、阿部、遠藤、長谷部、松井、大久保、本田。
このイレブンは正に「日本の代表」だ。

本当にありがとう。代表で勇気を貰えるサッカーを観たのは久々だったよ。
あのオフト監督の時代の代表以来かな。
どうやら、フランスにカズが置いてきた魂は、南アフリカで回収できたようです。

この代表は本当に魂で戦っていることを感じた。
だから本気で応援できた。
我が愛するフロンターレに同等、いやそれ以上で応援できる代表チームが誕生していた。
だいたい、疲労困憊の延長後半で、なんであんなに走れる人がいるんだろうか。
大いに疑問だ。どこから、あの力は生まれてくるのか。超人的な運動量であり集中力だ。
日本のサッカーの歴史で、彼ら以上に魂を高めあい、団結したチームが存在したのだろうか。

岡ちゃんは「今は日本のサッカーのことなんて考えられない」って言ってたけど、大会の現場はそんなの考えなくたっていい。
必死にやって結果があれば、道は出来てるもんなんだ。

今大会、いや今日の敗戦を持って、日本ではサッカーはおしゃれなスポーツから、野球みたいに泥臭くて、ダサいけど輝ける日本人が大好きなスポーツに仲間入りしてしたと感じた。
国民のスポーツとして、本当の意味で一皮向けた。
サッカー大国になるためには、大事な行事だったと思う。
あんなサッカーは、他の国じゃ中々に真似できない。
キャプテン翼を超える「愛」「正義」「友情」だった。

素晴らしいメンバー、スタッフであった。
一生忘れないだろう。
一生、この試合のことで呑めちゃうんだろうな。
そして、誰もコマゾーの事を悪く言わないんだ。

パラグアイ代表、初のベスト8進出おめでとう。
日本代表、ありがとう。

posted by ナカタ編集長 at 02:44| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コレまぢでやべェーーー!!!!ヽ(・∀・)ノ
http://GoRioYaJi.net/hamo/ndasugqu/

おにゃのこに誘われてハメまくってたら、1週間で30万も稼いじまった!
今まで安月給の工場で働いてたのが馬鹿みたいじゃねェか!!笑
Posted by 仕事やめちまおうかな? at 2010年07月25日 08:04

タオルで目隠しさせられて、つま先から耳の裏まで全身舐められまくった!!

めちゃんこ気持ちよくて、ちょっと口からアワ吹いてたしな、オレwwwww

7万も貰えたけど、あんま続けるとドMになっちまいそうだぜwwwww

http://23p6kn5.GoGo.YumenoKuni.net/
Posted by こんなプレイ初めてだってばw at 2010年08月04日 05:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154899122

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。