2010年02月26日

(祝)ホンダのCR-Z

トヨタがやらずにホンダがやった。

ハイブリッド専用モデルでスポーツカー。
CR-Zはホンダのスポーツカーだと思う。

CR-Z

アメリカの公聴会で堂々とスピーチしたトヨタの豊田社長も、これについては悔しかったんじゃなかな。

最近のホンダはここ数年のホンダはスポーツ好きの顔をしたミニバン屋で大嫌いでした。
ミニバンでスポーツまがいを蔓延らせてしまったのは、ホンダが悪い。だって危ない。

だけど、今回の件は褒めたい。
マニュアルミッションのハイブリッドでコンパクトスポーツ。

もう少しオトナが遊びで買えるデザインにして欲しかったかも。
特に純正ホイルがかっこ悪い。
でも、そんなのを吹っ飛ばすくらいの存在感。

じゃあ誰が買うねん。って話ですが、実はチャイルドシートも付けられる。
結構、ストライクゾーンは広めに取ってるけど、現状では、ホンダの予想と違い、若者からの受注が多いそうだ。

スポーツカー→燃費悪くても仕方がない→環境に悪い→時代に沿ってない→バカっぽい

この負の流れを、ハイブリッド化で払拭した。燃費が良ければ維持費も安い。
価格も若者が頑張れば買えるレベルだし。補助金付くし。
インサイトもプリウスもかっこ悪いんだもん。そりゃ、こっち買うわな。

ちなみにワタクシとしては、こういう車はシティコミューターとしても機能するのでは無いかと期待しています。

とりあえず、がんばったぞホンダ。がんばれホンダ。

posted by ナカタ編集長 at 15:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リアサスがトーションビームなのにスポーツカーって言われてもちょっとアレな気がしますが、こういう車を発売しただけでもホンダは偉い。
Posted by ヒサオカ at 2010年03月13日 18:19
その辺はインサイトのままって感じだよね。
まあ、トーションバーだと軽くて安く作れるし、スペース効率も良いから、そういうので採用したのもあると思うけどね。
Posted by ナカタ at 2010年03月13日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142209896

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。