2010年02月08日

プリウスのリコールはトヨタ潰し臭がする

今回のプリウスリコール騒ぎは、ハッキリ言って風評被害だと思う。

アメリカはトヨタが売れるのが嫌なのだ。
そんでもって、ハイブリッド車(というかガソリンを使わない車)が嫌いなのだ。
なんかそんなニオいがする。

ぶっちゃけリコール出さなきゃいけない程に、酷い欠陥では無いと思う。
最初に騒がれたフロアマットの件は、あってしかるべきだリコールだと思うし、これはトヨタのコスト要求が厳しすぎる所まで来てしまっているのが原因のように思われる。

じゃあ、プリウスの件もついでに・・・って感じじゃないですか。

まあ、プリウスなんて、車に対する知識がライトな方も良く分かれているし、今や日本で一番売れてる車なので、丁重かつ慎重に扱った上でのリコールだと思う。
にしては、対応が遅い。

リスクや対策の検討で時間が掛かったのかもしれないが、もう数日早ければいけない。
現場は精一杯かもしれないが、若干グダグダした感じに見えてしまっているので、ちょっと残念だった。(もしかして、ダメージ削減のためにオリンピックの開幕待ってたりした?)

まあ、トヨタについては、TV局も新聞も雑誌もガッツリ魂を掴まれているだろうから、変な飛ばし記事や風評記事は「スポンサーの意向」として、世に余り出ないだろうけど、本当にそんな状況が起こっている事に、逆に不気味さを感じる昨今です。

まあ、とりあえずトヨタの若社長には、がんばってもらいたいです。
posted by ナカタ編集長 at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。