2009年11月09日

ナビスコ杯の授賞式問題について

ナビスコ杯の決勝の話です。
授賞式で、フロンターレの選手がメダルを直ぐに外したり、握手をしなかったり、ガムを噛んでいたそうです。
それが、会長の犬飼、チェアマンの鬼武、老害の川渕のお気に召さなかったようで、問題になりました。

これで、川崎フロンターレが、これでもかって叩かれてますが、会長の犬飼、チェアマンの鬼武、老害の川渕に言われる筋合いは無い。

彼らは何様なんだ。
非紳士的な対応を日々やってるのはどちら様なんだと思う。

毎年スポンサーを引き受けてくれるヤマザキナビスコ社長の飯島さんには、心から無礼は謝りたいと思うが、先の3人に何か言われる筋合いは無い。


先の3人には、自らが尊敬されるような存在で無いから、ああいう振る舞いをされているという意識は皆無なんだろうと思う。

確かに森の態度は悪かったが、メディアの前で宣言するように悪口する程の事であったろうか。
問題を顕在化させる方法が、メディアを通じてというのは、最悪でしょ。
自分が育てて守っていかなければならないJリーグという最高の「商
品」について、メディアの前で思いつきのような悪口を言うような馬鹿げた行為こそが「愚の骨頂」。まさに「無神経」だと思う。

そもそも、決勝で負けたチームが無粋に振舞っている状況は今に始まった事では無い。
それなのに、まるで今回のフロンターレから始まったような問題であるように語るのは、「気分屋」以外の何者でもない。
飲んだ暮れの酔っ払いと同レベルのヤジだ。

今回のフロンターレの振る舞いが気になったなら、前兆となるような過去の授賞式の時点で気づかなければならないし、気づいていなかったのなら、それは問題意識の欠如だと思う。
つまり「思いつき」で、どっかのコメンテーターみたないキレイ事を発言するような現場意識の無い人間が、リーダーであるというなら、そんな人間以外の道は無いという事ですよ。

さて、それに引き換え、フロンターレの武田社長はどうだろうか。
フロントとして、実にすばやい対応をした。
賞金の5,000万円は決して予算の大きくない不況真っ只中のチームとって安い金額ではないが、文句を言わせないように即決で辞退したし、戒めるかのように自らの減俸まで行った。
チームの代表を鬼武に謝らせに向かわせ、試合前にチーム全員で謝罪する場まで設けた。
「謝る」という事は一番難しい仕事だと思うが、チームとして姿勢を表現し、それを見事に乗り切ったと思う。

先の偉いサンは、数年前の我那覇の件で未だに揚げ足を取られている位なのに。この「やる気」の違いは何か。

こういう動きの違いは「守ろう」とか「育てよう」という意思を持って仕事に取り組んでいるか否かだと思う。
弛んでいるのは、どちら様なのかは明白だ。

酔いどれのロートルは、早く辞めてくれ。
今回の件で、本当に仕事について考えてない事が解ったよ。
posted by ナカタ編集長 at 00:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクは個人的に、川崎F(フリューゲルス?だっけ)にガッカリしました。
表彰式の態度が悪かったことではなく、
さっさと謝ってしまったことです。
謝るってことは、悪いことしたと認めたということ。
ソコに優勝できなかった何かが隠されている気がします。

開き直って、ヒール(悪役)となって
『熱いJ、やったるJ』をより盛り上げて欲しかった。


P.S.
5000万円返すなよ。5000万円分
ナビスコ商品ばらまけばよかったのに。。。
Posted by コバ at 2009年11月09日 21:50
> 5000万円返すなよ。5000万円分
> ナビスコ商品ばらまけばよかったのに。。。

あ、それオモシロイね。
Posted by ナカタ at 2009年11月09日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

YouTube 川崎フロンターレ 表彰式
Excerpt: ACL川崎フロンターレのホーム戦ドローについて ACL川崎フロンターレのホーム戦ドローについて本日行われたACL「川崎フロンターレ対バンコクユニバーシティ」の一戦をテレビ観戦しました。後半なんとか追..
Weblog: 知ったら得するニュース
Tracked: 2009-11-09 11:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。