2009年11月03日

川崎フロンターレに足りないもの

FC東京、おめでとう

今日、ナビスコ杯の決勝に行きました。
そして、我等が川崎フロンターレが、「また」タイトルを逃しました。

勝負どころでドタバタ。
浮き足立ってしまう。
勝ちを意識すると、途端に勝てないチームになる。
彼らはチャレンジャーで無ければいけない、カウンターサッカーのチームなのに、横綱みたいな受けの相撲をしてしまう。
そんで自滅。
「タイトル童貞」とか言われてるけど正にそれ。

フロンターレは戦術で勝っていくチームでは無い。
個人が力を爆発させて勝っていくチームだ。
だから各人がマッチアップで勝っていかないと勝てないチームなのに、走らないし、守れないし、攻められない。

勝ったことも無いのに、チームが「殿様」になってきている。
昇格してから直後を思うと、選手に我武者羅さが足りない。
集中していないプレイをしていると感じたチョンテセや森のプレイは、その最もたる物だと思う。
強くないのに横綱相撲。で、自滅していたい。
超満員(44,000人以上!)の国立競技場、ナビスコ杯決勝という場所に相応しくないと感じた。

中村憲剛がガチガチにマークされている状況で、走って走って何とかチャンスメイクする我武者羅なプレイをチーム全員がやってかないといけないと思う。
可能性の残されているリーグチャンピョンになるために足りないのは何だったのかを、チームで再考してもらいたい。
そういう修正をしていかないと、来シーズンは降格だってある。

posted by ナカタ編集長 at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。