2009年10月28日

東京モーターショー2009にゆくの巻

東京モーターショー2009に行って来ました。

リーマンショックで不景気だし
海外メーカーのアジアの拠点が中国に移ってるのもあって、メーカー数は激減してるし
日本経済も自動車業界から脱却とか言われてるし

そんな逆風だらけの状況で開催された東京モーターショーは41回目で初めてだったのではないでしょうか。

部品メーカーのブースなんて、本当に激減しているし、どこで配布されるパンフレットも薄い、軽い、小さい。
会場のサイズも縮小されてるし、お姉ちゃんの数も少ない。
なんだか斜陽な雰囲気でした。


とまあ、マイナスな事を並べても面白くない。
ブースが減っても、自分の幕張メッセ滞在時間は減ってないし、平日にも関わらず駐車場もガッツリ埋まって、来客数も相当居るように感じた事を考えると、「東京モーターショー」はワールドプレミアムな一流のモーターショーであると再認識させられるのであります。

さて、そんな今回のモーターショーですが、折角なので何点レポしておきます。

(1)レクサスのLFA
初登場した前回(2007年)に比べれば、ブースのリッチ度数は格段にダウンしてました。
「ハイブリッド」というフレーズだけで、カッコ悪いHS250とか出しちゃって、フタを開けたらトヨタでは「サイ」って名前でも売ります。という、反則(販促)技まで使い出した切羽詰まってきてるレクサスですが、本気で作ってるLFAは中々に凄い。
アンチ・レクサスな私でも、実物を観た時は「おお」と感嘆するくらいです。
この車に限って言えば「レクサス」って名前が存在感を邪魔しているように感じるけどなー。

あと、ヤマハがチューンしたV10エンジンの音が生で聴けなかった(映像では聴けた)のが残念ですが、それは今後のお楽しみかな。
プラスチックで作った実寸モデルを展示してあったのは、ちょっと驚きました。写真はソレです。

LFAの何か

(2)FT-86
一応、ウワサの「86」も観てきました。
もっとデカデカを飾ればいいと思ったんだけど、意外とひっそり飾ってありました。(姉ちゃんが常駐してたので、カメラオヤジと車好きで人は溢れてましたが)
「若者向け」を目指しているのもあるのか、格調高くするのは本位じゃないのかもね。LFAとの差別化か?
今回、実車を観て感じたのは「トヨタってマニキュアみたいな色の車しか作れないの?」って事です。
どのトヨタ車を見ても思ったけど、FT-86を見て思いを強くしました。
「車に使える色」を広げるのはいいんだが、どれもこれも「マニキュア」みたいな色で工業製品的な美しさが無く、安っぽい。
マークXなんかもラインは中々に複雑なんだけど、なんだかベタっとしている。女性的なデザインなのかな?
もっとプレスの陰影など、車が出せる魅力で魅せられるような努力が欲しい。
FT-86

(3)EV-N
今回のホンダとスズキは、バイクブースと自動車ブースが合体しているのですが、ホンダはインサイトがヒットしている「押せ押せ感」が、ブース全体から凄く出ていたように感じました。
個人的には前回よりホンダは面白かったです。
ホンダのブース

そんな中でCR-Zは人気がありましたが、私は顔が嫌いなので好きじゃありません。
「私たちは3年近い歳月のほとんどを、開発当初のデザインを変えないことのために費やしてきた」
とCR-Zの宣伝文にも書いてありましたが、少なくとも私の中では「間違い」。
だって、CR-Zは最初っから顔がカッコよくない。
余程、ホンダの上層部がセンスなくて「デザインを変えない」と開発メンバーが言い切らないと、デザインが通らないのかね?

そんな中、今回初登場となった、ホンダの軽自動車「N360」を先祖に持つ「EV-N」は本当にカワイイ。
これこそ「そのまま開発してリリースしろ。」ですな。
一時期の負のオーラが出ているホンダのデザインから脱却してきたので、ちょっと安心しました。
まあ、発売するかは知りませんが外見だけで無く、開発コンセプトを含めても「FT-86」の86度数より、「EV-N」のN360度数は良い意味で高い。

N

(4)キザシ
突然、スズキのキザシの国内発売が10/21(水)の東京モーターショー初日に発表された。
早速実車を見てきたが、予想以上に「高級」だった。
消音対策もしっかり取られている作りだし、シートの作りも悪くない。
内装もコテコテにしないで、清楚にシンプルな感じで纏めている。
4WDの2.4Lでジャスト300万くらい。小さくないが、大きくないサイズも良い。
デカく成り過ぎたスバルのレガシィよりも良いかも。
久々に良いセダンが現れてくれたと感じました。
そのせいか、多くの人だかりも出来ていました。
これで売れてくれれば最高なんだけど、スズキにセンダを買いに行くユーザっているかな・・・。
キザシ

(5)RX500
空きの多い会場に、なんだか中途半端にスポーツカーを並べてある所があって、ここに怪物が潜んでいました。
1970年の東京モーターショーで発表され、近年レストアされて復活したマツダ「RX500」です。
39年ぶりにモーターショーへ帰ってきました。

まさか、こいつが居るとは。
こりゃ凄い。初代RX-7が出たのが1978年ですから、それより10年くらい前にデザインされているロータリーを積んだ怪物です。
明らかにスーパーカーブームなデザインなんですが、なんとも凄いデザインですよね。
RX500


以上、興味があったところを掻い摘んでレポしました。
他にも「三菱のiMiEV」や「ダイハツのバスケット」あたりは中々に面白かったです。
まだ会期があるので、興味があるなら、行って見てください。


posted by ナカタ編集長 at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

東京モーターショー2009 トミカ
Excerpt: 東京モーターサイクルショー2009 東京モーターサイクルショー2009明日3/29に東京モーターサイクルショーにバイクで行くのですが、おすすめのバイク置き場(駐輪場)を教えてください。ちなみにお..
Weblog: めちゃイケ!ニュースダイジェスト
Tracked: 2009-10-29 20:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。