2009年09月15日

結論(川崎と鹿島の試合中止)

結局、74分1秒から試合再開だそうです。

これって、一見公平に見えて、川崎が損してるよね。

野球と違って、疲労の激しいスポーツを15分でも1試合多くやらされるのだから、野球の再試合と同レベルで考えてはいけない。

鹿島はACLで消えてるし、まだ日程も楽だけど、川崎はわざわざ勝ってた試合の残り15分をやる為に、鹿島に行って戦わなくては行けない。

2チームが揃いも揃ってバカコンビの岡田主審&不破コミッショナーの失態に付き合うのかと思うと、本当にガッカリする。

正直、モチベーション的にも厳しいのは川崎だと思う。
またまたJリーグに邪魔される川崎イレブン、かわいそうです。。。


ただ、ひとつ良かったことを挙げれば、公式サイトにあった
「※同再開試合においての審判・マッチコミッショナーについては未定。」
の一文。
腐った2名への「厳格なる落とし前」を付けるための、前触れだと思いたい。
posted by ナカタ編集長 at 23:48| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誰が損するとか得するとか興味はないですし
どのチームが優勝するとかも気にならないですが
この再試合の意味をDSしながら考えました。

結果
鹿島が15分とロスタイムの間に
同点に追いつく、もしくは逆転する
ことこそがこの再試合に求められる
べきだと想います。
たとえ、世間様がその結果を受け入れないとしても。

(女優)
Posted by コバ at 2009年09月21日 13:42
その方が面白い。

逆にみんなで15分間正座して終わりっていうのもありかと思う。
Posted by ナカタ at 2009年09月22日 11:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128135251

この記事へのトラックバック

マッチコミッショナー 不破
Excerpt: 結論(川崎と鹿島の試合中止) ... ただ、ひとつ良かったことを挙げれば、公式...
Weblog: まことのささやき
Tracked: 2009-10-01 01:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。