2009年08月13日

東名高速の復旧も早い

8/11(火)の午前5時ごろに地震があって、道路が崩落してから、まだ72時間も経っていない。

既に片側復旧は済みで、もう片側もあと4日で復旧するという。
しかも早期復旧のために、途中で工事方法の見直しまでやってる。
高架では無いにせよ、高速道路があんなにも無残に崩れ落ちたのに。

臨時の料金体制見直しなんて、2日後に確定して、発表までしているし、渋滞予測の見直しまで既に出ている。

なんつー手際の良さだ。
帰省ラッシュの時期の急ピッチなのかもしれないが、逆に言えば人手が集まりにくい時期でもある。
NEXCO中日本は偉い。
こういうのは出来て当然という風潮だけど、実際に出来るのは凄いのだ。

首都高の池袋で起きた大事故の時もそうだったが、高速道路を取り仕切る会社の復旧工事対応は実に素晴らしい。
東海沖地震に備えて、日ごろから鍛錬しているのかもしれない。
復旧工事に携わっている土建屋さんも、暑い中で本当にお疲れ様です。
茶でも出してやりたくなる。

実にお見事だ。
こんな事が出来る国は凄いと思う。
もっと褒めてやれ。

posted by ナカタ編集長 at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125642727

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。