2008年12月16日

難しく悲しい連鎖 ホンダ→スズキ→スバル

日本ではモータスポーツが文化になっていない事を痛感する。

今回のホンダ、スズキ、スバルのレース撤退ニュース。

不景気→辞める

で話が済んでしまう。
実に健全だが、寂しい限り。

例えば、日本でも「不景気だから相撲やめる」って感じはしない。

F1やWRCという頂点のレースに参加するというのは、ある意味そういう事である。
(まあ、ヨーロッパの権威が、その他を冷遇していることで、レースの世界をアレな方向に持っていっているのもありますが。。。)

日本代表として、トヨタは嫌いだが、トヨタしか居ないのだ。
世界で一番クルマを売ってるメーカとして、国を代表するプライドを持って継続してほしい。
posted by ナカタ編集長 at 22:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111332097

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。