2008年11月04日

【COTY2008】なんでiQやねん

今年の日本カーオブザイヤーにノミネートされた10台(同票数だったので今年は11台)が発表された。

なんで、発売されて1週間も経たない車がルール上はOKであってもノミネートされてんだよ。
どれかってーと、トヨタの超小型車「iQ」です。

選考委員の方々は随分とトヨタにサービスされているのは知っているけど、実行委員会は、こういうケースを作ってしまう事で権威が下がってしまうとか考えないのだろうか。

賞取れそうなトヨタの車がコレしか無いことは知っているが、ノミネートしちゃってる審査員がどうもウザいです。
真にこの賞は本当に世間での認識と乖離しているように思う。


だから日本カーオブザイヤーを取っても売れないし、後世にも残らない車が出てくるという体たらくなんだろう。
メーカーにいる社員の点数稼ぎくらいにしかなってない。
正直、白ける。
自動車業界を衰退させる審査員(評論家様)なんぞ、消えてしまえば良いと思う。

RJCカー・オブ・ザ・イヤーの方が余程「日本カー・オブ・ザ・イヤー」である。
万が一にでも、iQが大賞を取ったら「自動車不況もここに極まり。」と心得るべし。
posted by ナカタ編集長 at 20:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109092464

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。