2008年07月24日

iPhone 3Gに何を求めるか。俺は要らない。

iPhone 3G、ちょっとダメみたいですね。

先週末、実機を銀座のAppleショップで触ってみたんですが、まず電話として使いにくいな〜というのが第一印象。
操作の慣れ以前の問題として、電話&メールの操作性がイケてないと感じました。
携帯電話では無く、別のモノに「電話も一応可能」な機能が付いているくらいに考えた方が良さそうです。

ビジネスの面から言えば
「電波が入って」「話しやすくて」「バッテリーが持って」という基本的でありコアとなる3つのニーズのうち、後ろの2つの評判もよろしく無いので、仕事で携帯電話使いまくる人は、まず避けるんだろうなーと感じます。

早速、こんな記事もでてますしね。
iPhone 3G のダメダメなところまとめ

書いてある事を見ると、ちょっと厳しそうですね。
少なくともワタクシは要りません。
ワンセグが事の外、便利だと知ってしまったので。
ブラウザも携帯用&フルブラウザの二刀流の方が都合いいことも知ったし。


日本のメーカーが繰り広げている携帯電話の機能やサービスの争いって、多分相当に凄いと思う。
iPhoneが日本の携帯電話より勝っている部分って「ブランド」だけのように感じました。

なんとなく名前だけで革新的な物を求めていた人が購入しちゃうと辛いかなーって思います。


散々悪口言ってますが、明日から始まるフジロックフェスティバルで、iPhoneはある種の真価を問われるように思ってます。

なぜか?
現地からBLOGやSNSで記事をUPしようとしている人が多いみたいなので、そこで今までに無いような事が起こったなら、その機能を求めて間違いなくヒットするように思う。
ユーザの生の声以上のものが、そこに記事として現れれば、欲しいって思っている人の背中を押しちゃうでしょ。


もう、携帯電話という物体に、電話である事を求めていない時代ってのが来るかもね。よく分からんけど。
posted by ナカタ編集長 at 12:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103489719

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。