2009年05月26日

景気悪化でマニュアル車が激減

先日のマイナーチェンジ(というかグレード整理?)によりマツダのRX-8から5MT車が無くなり、マニュアル車は上位グレードの6MTのみになりました。

RX-8がスポーツカーであるかどうかの議論はあるとして、一般人が見れば十分にスポーツカーであるRX-8は、その希少性の割りに設定価格がとても低い。
ロータリーエンジンを製造する工場が、新ロータリーエンジンを製造するにあたり、ラインを新設しなかったことが価格にそのまま反映されているとのことだ。
(つまり次期ロータリーエンジン(16X)を搭載する車(次期RX-7?)は高くなるということか?)

この一番安いグレード(これは本当に安い)でマニュアル設定があることに、とても好感を持っていた。
あのエンジンはオートマチックとも中々に相性が良いが、やはりマニュアルで軽快に楽しむエンジンであると思う。
それだけに、今回整理対象となってしまったのは非常に残念です。

スバルの新型レガシィも、上級のワングレードにしかマニュアル設定がありません。
手軽にマニュアル操作を楽しめる車が本当に無くなっていきます。

次期アクセラも一番安い1.5Lモデルには、マニュアル車の設定が無いそうです。(海外モデルではあるそうですが)

悪い意味での「時代のニーズ」なのかもしれませんが、まともなマニュアル車が無くなるのは、車好きからすると本当に残念です。
自動車メーカーが無くなるよりはマシと考えて、今のところは我慢するしかないかな?
posted by ナカタ編集長 at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

デューク東郷に首っ丈

ゴルゴ13

ゴルゴ13に最近、ダダ嵌りです。

すっごい面白い。
昨年度放送していたアニメで火がついてしまいました。(今も再放送してますが)

数年前から少しづつ、気配はあったんです。
学生の頃は
変な絵だし
訳分からんし
何が面白いのか全然分かりませんでした。

が、オトナになって、ラーメン屋などの不意に何かしら待ってる時に、本棚にあるそれをさらっと読むと、実は結構に集中している自分がいた。
まあ、そんな話も今になってみれば分かった事実です。
当時は深い事は考えず、別にそこまで嵌りもしませんでした。。

それが、テレビ東京でアニメが放映されてるのを、何気なく見続けたら、引き込まれること、引き込まれること。
もう随分と引き込まれて帰れません。
年度末にゴルゴのアニメが終わった時のガッカリ感と言ったら、それは相当なものでした。
週末なのに、あの方に会えない。
まさに「恋する乙女」です。


では、何が面白いのか。
ゴルゴ13は、ある意味、水戸黄門です。絶対的な勧善懲悪。
まあゴルゴ13ことでデューク東郷は「善」なのかどうか分からんのですが、ガッチガチのポリシーは持ってます。

そのポリシーの清清しいこと、清清しいこと。
容赦なし。ミスなし。絶対的に完璧です。
彼のルールを破った場合は、どんな奴でも必ず「ズキューン」と殺します。
もうある意味、完全なるギャグです。鉄板の持ちネタです。顔も面白いし。
ゴルゴがスナイプして、話にオチが付くと、我が家では実に爽快な笑いが起きます。

アニメ版なんて、話が簡略化されてるから、特に爽快そのもの。
こんな事を書くと、危ない野郎みたいですが、この爽快感は見続けたら分かります。
で、アニメが終わり、この「恋する乙女」は彼に会いたいばかりに爽快感を求めて、コミックに手を出しました。
それが始まりで、それが終わりでした。
コミックの小難しい本質にも嵌っていきます。古本の文庫本をガツガツ買ってます。

そんな訳で、当ブログのタイトルロゴもゴルゴチックにしてみました。
相当いい加減に手書きですが、嵌ってるのが本気なのは伝わると思います。

是非、皆さんも読んでみてください。
慣れれば、こんな面白いギャグマンガ(?)はありません。

ちなみに、もう何年もブログってますが、漫画(notアニメ)の事を書くのは初めてかもしれません。

posted by ナカタ編集長 at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV&RADIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

初めての吉田うどん

富士山の麓である富士吉田市で食える吉田うどんなるモノを食べてきました。

桜井うどん

白須うどん
というお店が老舗らしい。

白須うどんは看板出てないということなので、今回はこっちを選びました。

だいたい14時くらいで閉まるっていう事で中央道をひた走りました。

それでたどり着いたのが下のうどんです。

白須うどん

いわゆる「温かいやつ」です。たぶん300円。
ちなみに「冷たいやつ」はつけ麺形式で冷たい麺を暖かいダシに付けて食います。

見た目や店のシステム、価格も含めて讃岐うどん同様に激安でシンプル。
牛丼屋やハンバーガー屋もこの安さ&美味さを少しは見習いなさい。

写真を見ても別に迫力のある食い物では無いのですが、これが凄まじいコシのある麺で、クセになる歯ごたえ。
煮えてないから硬いのでは無く、グルテンが大活躍してるコシの迫力です。

ダシはちょい甘めの醤油味。キャベツも自然の甘さと相成って、これだけで普通に美味い。
それに画像の上の方にも写っている「辛味」ってやつを入れます。
この辛いのはラー油のような辛さですが、みりんの甘さもあり、とても美味しいです。(小分けしてるのがあったので買って帰りました)
結構な辛さなんですが、美味いのでツイツイ入れてしまいます。

実はありそうで無い味。
生活密着型の幸せの味です。また行きたい。

posted by ナカタ編集長 at 23:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

忌野さんの件で哀しい日々

音楽を好きになって20年くらい経ちますが、こんな辛いことは初めてです。
例えがショボいですが、長年飼ってた愛犬と死別した人みたいです。

その、つまり
僕の愛する忌野清志郎さんが亡くなって、一週間くらい経ちますが、ヘロヘロになるくらいショックを受けてる毎日なのです。
音楽を聴くのが、ちょっと辛い日々。

昨日、青山であった告別式には、行っても泣いてるだけになりそうなので、行きませんでした。

それなのに
折角行かなかったのに
ニュースで映像が流れまくってるので、また哀しさと淋しさが募ります。
(スローバラードばっか流しやがって!)

彼は「天使」なので、なんとか私の中でも供養してあげて、天国に行けるようにしてあげたい思います。

合掌。
posted by ナカタ編集長 at 10:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。