2007年11月28日

オシム監督の後任

まあ、オジェックよりは好きですよ。
岡田さんの解説とか好きだし。

考えてみると
「前の監督のチームが失敗」→「更迭されて監督交代」
という以外での代表監督交代は初めて見ることになる。
(そもそもオシム監督は今まで監督業でクビになったこと無い奇跡みたいな人。)

そんな状況でガラリと戦術変えちゃう事への抵抗について、どごかケツを持つかって事だと思う。
その辺、協会は岡ちゃんい擦り付けようとしてんじゃないのか。
不安だ。
まだ交渉中なのに交渉してるのを協会が発表しちゃうのも不安だ。
第一、協会が「欧州の各国がシーズン中だから、外国人監督を招聘できない」って言ってるみたいだけど、Jリーグのシーズン中にオシムをジェフから引き抜いた辣腕はここでは使えないのかい?
やっぱ、JリーグでジェフならOKってことだったか?
なんだか腹が立ってきたなー。
うーん、しかし本当に権力の範疇に居る人にはパワープレイだよね、協会の代表監督の人選って。悪しき体育会系って感じ。ブツブツ。。。

まあ、岡ちゃんになるのは反対しないけど。。。
プロセスが気にいらねーっす。


とりあえず、岡ちゃんになったら。って事で話を進める。
元横浜Fマリノス監督の岡ちゃんは
「強かったけど教えすぎて限界を知ってしまった采配」から
「成功しなかったけど教えないから自分達で考えてこんな感じにしてね。という采配」にチェンジして、監督交代になった。

そんで、今のオシム監督が鍛えた代表選手たちは、自分たちで考えることを指導されている。

戦術は違えど「選手が自ら考える」というのを求めているところで2人は変わらない気がする。

是非ともオシム監督の下でコーチを務めているメンバーを残してもらって、オシム流の育成プロセスを岡ちゃん流に融合していってもらいたいと思うんだけど、どうでしょうか。

オシム監督を心から応援し続けたナカタとしては、代表のこの1年半ほどが惜しくて惜しくて適いません。
戦術が変わっても「考えて走れる」サッカーを継続して欲しいです。
9月に観たオーストリア戦、スイス戦での素晴らしい日本代表のプレイが、全て無になってしまうのは、余りにも悲しいのです。
posted by ナカタ編集長 at 13:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

ガッキーのプロモ

映画の「恋空」って流行ってるけど、ガッキーのプロモなんだってね。
しかもえらいナメた内容なんだとか。


なんか、メディアミックスみたいな感じで雑誌、TVなどがワイワイやって稼ぐ邦画が人気出るって仕組みはアホっぽいから是非とも辞めてほしいと思う。
民度が低い。

人が死んでるシーンを見て、泣くのは構わん。
が、「泣いた理由」=「良い作品だから」では無いという事を分かって欲しい。
死ぬシーンはどんだけ駄作でも、悲しくなる。
そういう「ニセモノ」しか知らないと、いつまで経っても「良い」という事が理解できなくなると思う。
簡単なものしか見てないと、簡単でないのが出てきたら、良くてもキャッチできないしね。

俺が生まれてないころの日本映画って、世界に誇れるものだったと思うんだけどなあ。
「戦争を知らん世代は」って事になってくるのが嫌だな。
こりゃ浅はかな奴らが感情任せに戦争しようぜ!って叫ぶ時代が来るぞ。
posted by ナカタ編集長 at 13:53| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

ドイツ野郎、残れ!

シュワーボ オスタニ!

随分前からオシムさんの信者なので、心より回復を祈っております。

代表監督辞めてもいい、日本から去ってもいい、あの人には、まだまだ生きて欲しいのです。
エスプリの効いた復活コメントを心底待ってます。
神様、マジで頼むっす。

シュワーボ、オスタニ!(祈)
posted by ナカタ編集長 at 18:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

福留は要らない

中日の福留がFA宣言で最初に巨人と会談して「好感触」なんだとか。

まあ、最初に会談したところと「好感触」って事にしておけば、金額は釣り上がるだろうし。
他との交渉で有利だから。

という事にしてほしい。
巨人にとって、あの故障しやすいエラの張ったワガママな男は要らない。怪我が多いのは高橋だけで十分。
あんな中距離ヒッターはいらんですよ。高橋と被ってるし。
大体、松井秀喜の日本最終年の三冠王を阻止した男ですよ。アレは。
メジャーにでも連れて行かれて、打てなくて、干されれば良いよ。アレは。

本当に要らない。

それなら、斉藤をクビにしないで使ってくれる方がジャイアンツファンは嬉しい。

ああ、福留嫌いなのに。。。本当にご勘弁を。
まあ、新井も要らないけどね。
(そういえば広島は阪神の2軍なのですか?)

つまり誰も要らない。(特に打つ方は)
来年も同じメンバーでもう一度、優勝目指そうよ。
それが大事だと思う。
posted by ナカタ編集長 at 01:28| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

ACLの決勝戦を観戦

決勝戦の客席。王者に相応しい美しい星です。

埼玉スタジアムにてレッズvsセパハンの試合を観戦した。

なんといってもサポーターがすげえです。
スタジアムがすげえです。
(あれだけ疲れてて足が止まらないレッズの試合も凄かったですが)

我らが川崎フロンターレもこういうスタジアムを持つことはできないもんでしょうかねえ。。。
資金が足りないかもしれないけど、サッカー専用スタジアムって本当に凄くいいな〜と思いました。
(蘇我のフクダ電子アリーナで観戦したときも思いましたが)

野球しかしない野球場があれだけあるんだから、サッカーしかしないサッカー場ももっと有ってよいと思うんだけど。


何はともあれ、生で観ると浦和レッズはアジアNo.1に相応しいチームだと思います。悔しいけど強いし、サポも凄い。
浦和レッズには賞賛の言葉を送りたい。おめでとう。
posted by ナカタ編集長 at 22:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

大相撲、客少なッ!

驚きのガラガラっぷりだ。
正直、ビビリました。

九州場所って客入り悪いけど、これはプロスポーツとして「黄色信号」というより、既に「赤信号」だと思うぞ。

テレビでこれだけ少なく見えるなら、実際のガラガラっぷりは相当なもんでしょ。。。
ガラガラの九州場所

ガラガラの九州場所その2

貼り付けた画像だと分りにくいけど、このガラガラは伝わるかな?
とりあえず今やってるからNHK付けてみると驚くと思う。

あの事件やこの事件が影響してるんだろうけど、もっとメディアを上手く使って「反省色」を出していった方が良い。
毎日、生放送でテレビ放送されているのに勿体無いですよ、これは。

それに、「お客が帰ってきやすい環境」にする提案(平日の18時に終了するんじゃサラリーマンはまず見れないetc)も必要だと思う。
なんだか歯がゆいところです。
posted by ナカタ編集長 at 17:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 色んなスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

東京モーターショー2007へ駆け込む

東京モーターショーへ行ってきた。

予定が立たなくって、半ば諦めてたけど何とか行けました。
ただ、最終日だったので早めに行って、早めに帰ってきたのだが、早めに帰っても後悔しないくらいの内容だった。

前回(2005年)の時の方が遥かに面白かったな〜。

若干目新しかったのは
スズキの「兆(キザシ)」とマツダの「大気(タイキ)」くらいか。
(ちなみに両方ともコンセプトカーの車名です)

あとは2年前と特に代わりばえのしないコンセプトカー達。
レクサスもやる気感じないし、GT-Rで入場制限かかってた日産も気合感じないし。
GT-Rの周りは人だかり

ホンダの「CR-Z」も個人的にはシラけた内容だったかな。
もう直ぐで無くなるS2000の最終モデルを見てる人が多かったのが現実じゃないかな。
ホンダはバイクのブースの方が面白かった。ヤマハもカワサキも含めてバイクメーカは頑張ってたかな。
ホンダのコンセプトバイク。マフラーの処理なんかがカッコイイ。

海外のメーカだとシトロエンのコンセプトカーが面白かったかな。
画像だと見えにくいけど、内装と同じような柄がタイヤに色つきで入ってて、ああいう雰囲気のオシャレって他社の車でも中々観たことない。
あそこのメーカのデザインって秀逸だな〜と思いました。
シトロエンのコンセプトカー

ガソリン高騰と環境問題で車ではしゃぐこと自体がナンセンスなのかもね。
それとこれとは同じようで実は別次元だと思うけどなあ。

業界として限りが見えてきたってことなのか、それとも転換期なのか。
何も新しいものは打ち出してない印象です。
メルセデスベンツのサスペンションに関する技術的なプレゼンは面白かったけどね。

そういえば、おねーちゃんも「あんまり」でした。
未来に期待したいが、2年後に期待できる状況でもないと感じた。
posted by ナカタ編集長 at 03:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

かいがいりょこうへゆくのまき

9日間ほど北欧に行って来た。

恥ずかしながら、初めての海外旅行。


高校時代に担任の先生から「遅くとも20代前半には一度海外へ行った方がいい」と言われた。
担任の先生自身が海外で非常に感銘を受けたらしくて、そういう発言になったようだった。

最初、私自身もその気にはなっていたが、そういう事に疎い&興味が薄れたこともあり、今までお座なりになっていた。
30歳を前にして初パスポートです。


とりあえず、外国人が周りにいっぱ居ることには勤務地の性質上、慣れている。
なので飛行機の中で外国人だらけでも特に感動はなかった。
が、飛行機を降りた時から、明らかに彼らから「外国人」を見る目で見られたのには純粋に新鮮さがあった。
あ、見られてる。
観光のオフシーズンに北欧で観光しているアジアンって彼らからとっても不思議なんだろう。

で、向こうに居て意外な発見が何個か見つかったので記しておく。


まず、一番印象に残ったのが耐震構造だ。

北欧には、柱が殆どないような大きな部屋がいっぱいあった。
デパートなんかでは特に感じた。
「この開放感はなんだろうか?」って考えたら、柱や壁が少ないのだ。
商品の陳列方法なども「こんなの地震に耐えれない」と思ってしまう自分がいる。

が、そもそも地震なんてない国だとこれでも全く問題ないのだ。
まさか海外に来て、ああ日本って地震が多いんだな。って感じるとは思わなかった。

他には日本より安心して歩ける都会が世界にもあるってこと。

夜だろうが昼だろうが、街はとっても安全だった。
確かに変な奴も居るけど、東京の街中なんかより相当少ない。
あっちの方が全然平和だと感じた。安全大国って日本だけじゃないんだな。
東京はやっぱ病んでるのかな?


次は良い意味で困ったことだが、北欧に日本風のデザインがいっぱいあったこと。
北欧のオシャレなデザインの雑貨を探すと、必ず和風にぶち当たる。
なぜ着物柄?なぜ茶筒?なぜ南部鉄瓶?とか。
あっちから見ると、ジャパンは今とってもクールなんだよね。たぶん。
土産を探してて、良い意味で困りました。
そういえば、街はオシャレだけど、若造のファッションはワンパターンで面白くなかった。
ちょっと変わったカッコしてるのは、みんなゴスなパンク。
オシャレかどうかは別にして、ファッションのバラエティなら原宿や渋谷の方が圧倒的に多い。
外国人向けの日本の旅行案内に日本のヤングのファッションが出る理由が良く分かった。


あとは駅で駅員が少なかったけど、特に困らなかった。
そんで電車の本数も地下鉄の「丸の内線」や「銀座線」より多ったし。
北欧の都市は、東京や大阪より全然人口が少ないのに、あれだけの電車本数を維持できる財政システム。
とても合理的でシステマチックなんだと思う。
是非とも鉄道関係者には研修にいってもらいたいんだけど。
まあ、至れり尽くせりが日本の良い所でもあるんだろうけど。
「日本人は親切だ」の裏の意味としてこれもあるのかなーって感じました。


そんで、最後の発見が、中国人パワーです。
嵐のように来て、嵐のように去っていく。

正直書くと、あんまり良い印象では無い。
ダサいし、煩いし、何故か集団だし。(ニッポンのオバちゃんもそうだな・・・)

でも、あのパワーは少し分けてもらいたいとも思った。
そして、どこにでも居る。どんな田舎でもチャイニーズは居る。凄い居る。
人口13億人は伊達じゃない!
あのアグレッシブさというか「何処でもホームアドバンテージ感」
「大陸系」という理由だけでは説明が足りないと思った。
モンゴロイドで遺伝子は近いと思うんだけどなあ。どう頑張っても日本人って大人しいよ。
うーぬ環境かな?(やっぱり大陸に住んでるから?)


そんな感じで、人のウチへ行くと自分のウチがよく分かるってのと同じだね。
海外で発見するのは日本の発見なのだと悟る。
なるほど、海外旅行は物心が程ほどに熟してから行くのも良いですな。

以上、長文日記でした。

スウェーデンのキルナってところで見たオーロラでごわす
↑北極圏で見たオーロラ。クリックでデカくなりんす。
posted by ナカタ編集長 at 02:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。