2007年08月30日

フロンターレは諦めないっす

久々に等々力で川崎フロンターレの試合を観戦してきました。

徹夜明け→仮眠→観戦という若干の強攻策にでたのだが、水曜のJリーグ観戦は初めて。


客の入りが掴めなかったが、夏休みということもあってか親子連れ多く、雨にも関わらず客の入りは上々。
あと、仕事帰りのおっさんサラリーマンが予想以上に多いのには驚いたかな。


試合の方ですが、フロンターレの選手は疲労のせいか、若干動きが重い。
まあ、審判の判定も荒れてて、我が高校の後輩であるグランパスの本田(U22代表)はレッドカードもらっちゃうし。
そこらへんで怒ったグランパスの監督が審判に文句言って退場。
前半から後半頭くらいまでは全体的に落ち着かないで散漫としてたかな。

フロンターレは前半にグランパスへ先制を許しても、ボールが前の方で収まらない。
シュートの1、2本前のパスでボールが止まってしまうような状況で、ゴールが遠い。

しかも、この日のグランパスは日本代表GK楢崎は当たっていた。
後半に入って、徐々にペースを掴んだフロンターレも寸での所で楢崎に阻まれる。
フロンターレのGK川島(U22代表)が控えに甘んじてた理由が分かります。楢崎凄過ぎです。
私が見た感じだと3本くらいは確実に得点になってるシュート止めました。


とまあ、いくら楢崎が凄いからといっても、点が入らないのはそれだけが原因でもない。
フロンターレも流れが確実に傾いているのに、あと1歩のところで怖さがない。
するりと流れが逃げていく。
以前ならイキの良い控え選手や、全員攻撃みたいな怒涛の動き出しが。。。
その1歩を突き進んでくれたのだが、今はそういうのが無い感じ。

交代で出てきた我那覇も光るところはあるが、まだまだかな〜。
順位が落ちてきた原因はこの辺なのかもしれない。

後半の残り15分くらいから、ガツガツ圧しているのに点が取れない状況が最後まで続いた。
終に「自分が観戦した試合、不敗神話」が崩れ去っちゃうかな〜と思った後半44分。
ジュニーニョが値千金の同点ゴールを決めてくれました。。。

いや〜。叫んだよ。絶叫です。
フラストレーション爆発です。

で、さっきは楢崎を褒めたんだけど、今度はフロンターレのGK川島の方を褒めます。
こいつが、後半の終盤から、えらいイレブンを鼓舞するんです。

フィールドへ大きく飛び出してボールをクリアしたり、味方へパスしたり。
時折、最終ラインの底のDFみたいに動くんです。
「ゴール前は俺に任せとけ!全員攻撃で1点取ってこい!走れ!」っていう意思をとても強く感じたよ。
あれが確実に1点に繋がる勢いになってました。


そんな感じで、引き分けだったけど、まるで勝ったような気持ちで帰路につくことできました。
(まあ、そんなんじゃいかんのですが、負けてもおかしくない試合だったしね)
不敗神話も守れたし。とりあえず、諦めないフロンターレは健在。
満足でした。
僕の知ってる彼らの試合はいつもドラマチックです。

また、チャンスがあったら観戦したいっす。水曜のJ。
posted by ナカタ編集長 at 11:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

Perfumeが人気でてきたみたい

070826_1631~01.jpg
Perfumeが人気でてきた。


Perfumeって知ってる?
パフュームって読むんだよ。
07年上半期で最も俺の車内で愛されたCDグランプリに輝いたアレだよ。

え?
知らない?
その賞はなんだ?


あの、公共広告機構で変なカッコで歌って踊ってる女の子3人のアレがPerfumeですよ。
あー分かった?

わかんねーなら、You Tubeあたりを漁ってください。


最近、彼女らの人気を肌で感じます。

いつからか?

木村カエラのラジオ番組でプッシュされてゲスト出演してからか。
公共広告機構のCM出たからか。
(ちなみに、このCMが決まった裏で木村カエラが絡んでいようとは。)

特に俺が感じたのは画像を見てもらったとおり、CDが売り場に無いのです。

コーナーはあるけど物は無い。
欲しいから買おうと思ったら、売り切れてました。

本人らのブログでも書いてあったけど、去年出たアルバムがオリコン100位圏内に初めて入ったとか。
ヤバいっすね。


確かにカッコよいのだよ。
あのテクノアイドル歌謡を感じさせるキラキラ感は。

松田聖子の「天使のウインク」とか
うしろ髪ひかれ隊とか好きなら必聴だろうな。


うーむ。
大晦日のTV出演までいっちゃいのか?
posted by ナカタ編集長 at 00:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

スシ王子!とおじいさん先生が面白い

久々の記事です。

そして、あいかわらずTVです。

スシ王子

テレ朝の「スシ王子!」が面白い。

前番組だった「時効刑事」は面白かったみたいだけど、オレのアンテナには特にアレでした。
まあまあかなーって感じでした。


しかし、この「スシ王子!」は視聴率が「時効刑事」の半分でも、俺はこれを押したい。
「スシ王子!」の酷いところ面白いは、日本の古き良き料理マンガのオーバーアクションや無駄な格闘志向を安易にリスペクトした雰囲気を出すところです。

なんつーか、原作のマンガ(そんなの無いけど)が15年くらい前の少年マガジン(または漫画ゴラク)あたりで連載されているチープで詰めが甘い感じが最高です。



実はこのドラマの放送が始まる前に、撮影しているところに出会ってたんだけど、こんなに面白いなら写真でも撮っておけば良かったです。



あと、日テレの「おじいさん先生」は完全に余興です。
しかも本気でギャグな余興です。

深夜じゃなきゃ放送できないセリフや設定が多い。
おじいさん先生が毎回死んで事件解決ってのが、長尾 謙一郎のギャグ漫画みたいにパンクです。

大人計画ファンで無くとも必見かな。
キャストがこの上なく最高だしね。

いい感じで劇団的な笑いを感じるドラマです。
どっちかしか見れないっていったら「おじいちゃん先生」かもしれません。
posted by ナカタ編集長 at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV&RADIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

車好きの憂鬱

夢とか希望とか色々ある。
俺の場合、小さい頃から自動車は夢とか希望に入る。

興味が薄れた時期もあったが、物心付いてからずっと車好きだったし、オトナになったら車には絶対に乗りたかった。
車に乗れるから文句は言っても毎日ちゃんと働いているところがある。

世の中、面白い車はいっぱいある。
でも、俺が普通に働いて買える新車はどれも面白くない。
これはもう、徹底的につまらない。
良い車はあるが、面白い車が無いのだ。


もうあと1年も経たないうちに、30歳になる。
人生のこの地点で、買える車が面白くないというなら、今後も面白い車は買えないんだろうな〜と悲観的に考えてしまう。

俺の場合、自動車は夢とか希望だ。
もう30なのだから、車じゃなくて、次の夢や希望を見つけるべきなのか
夢や希望なんてのを原動力にしているのがそもそも悪いのか、それとも。。。

「それとも」以降の言葉が無い。
とりあえず、今は俺と自動車の明日について、とても失望している。

他力本願で悪いが、何とかしてくれ、自動車メーカーよ。
posted by ナカタ編集長 at 17:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。