2006年09月29日

大蛇(オロチ)が出るらしい

オロチってのは、アレです。

光岡自動車が魂込めて作ってる車の名前です。
名前のとおり蛇みたいな顔してますが、蛇のことじゃないです。

写真を見る限り、ナンバー取ってるので、発売は確かなんでしょう。

僕の周りに熱烈ファンが1人居るんですが、借金作って買って欲しいですね。(他人事)
あと、爬虫類好きで車好きの所ジョージ氏あたりにも買って欲しい。

10/2(月)の17時30分から六本木ヒルズアリーナで発表会があるんだって。
うわー色んな意味でいきたーい。
仕事上厳しいけど。何とかならんかな〜。
posted by ナカタ編集長 at 04:16| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

【小池道】中村屋に行ってみた

nakamuraya.jpg

とりあえず、中村屋へ行ってきた。

平日で13時回ってて、雨なのに結構な客入り。
さすがは人気店です。

感想。

食べたのは特中村屋っていう、ちょっと高めの塩ラーメン。
期待しすぎてたのか、あんまり感動は無かったです。

ちょっとダシが濃すぎかな。
金沢弁でいうところの「クドイ」という状態。
あそこまで完成してるダシなら、そこまで前に出てこなくても十分だと思いました。
食べる方には関係ない話ですが、品質を保って作れるスープの量として、ギリギリの仕事をしているのかもしれない。


でも、美味しいです。
こういう事を語らせてくれるラーメンである時点で美味い証拠。
ちょっとルーチンワークになってる感があったけど、接客も作業も丁寧だったし好感です。

有名店の中では確実に美味しい部類だと思います。

さっぱり系の有名店って味がカップラーメンみたいなところが多いんです。
多分、ここもそうなりつつあるのでは無いかと感じました。

まあ、1回しか行ってないので、まだ行ってみて確かめます。

ちなみに「天空湯切り」を目の前で見たんですが、正直笑ってしまいました。(頑張って堪えましたが)
あれはある種、ヤンキー的な美学を感じました。

あ、そういえば店内のデカい看板もヤンキー的美学(というより任侠美学的?)なのかも。
posted by ナカタ編集長 at 11:19| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

ロッテのドラフト

大嶺くんのドラフトですが、色々としがらみもあるだろうし話の順序が前後したかもしれないけど、ロッテに入って欲しいな〜と思う。
ダメかな?

昔、ロッテといえば不人気なことを自覚してて、大物選手をドラフトで引っ張ることをまずしなかった。(出来なかった?)
1990年にも8球団から指名を受けた小池投手をくじ引きで当てても、入団拒否とかあったしね。ちょっとトラウマになってた時期があった。
来は公平を保つ意味もあるドラフトなのに、ロッテは公平なドラフトが出来なかったんだな。

それが近年では広報の人が頑張ったおかげもあり。。。

まず、熱心な千葉ファン。
そして若くて人気のある選手。
トドメがバレンタインで昨年は日本一。

これらが整ってきて、やっとちょっと強気なドラフトを出来るようになってきた結果が今回の「大嶺選手の指名」に繋がったのではないか?と推測している訳です。

確かに今回のロッテのやり方はヘタクソだ。
沖縄からすれば、福岡へ行く方が距離的にも気分的にも安心なのも分るけど、
大嶺くんは他のドラ1より数段は未完な選手なので、1年浪人とか辞めて欲しい。
それをやってスケールダウンした選手が山のようにいる事実を重く受け止めて欲しいです。

大嶺くんの親代わりである伊志嶺監督には、あんまり意固地にならん方向でお願いします。
posted by ナカタ編集長 at 09:58| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

上野の昇龍で餃子を喰らうの巻

上野の昇龍

上野に昇龍という店あり。

ここの餃子が美味いという話を聞いたので、早速行ってみた。
アメ横のガード下にある店で行列があったので結構直ぐに見つかった。
まあ、行列って言っても回転が速いので早く座れたので良かったっす。

600円でギョーザライス(ご飯、餃子4個、スープ、漬物)っていう定番メニューがあるが、ギョーザ2つ&ライスで攻めてみました。

昇龍の餃子

まあ、写真を見ただけでも既に美味いことが分ると思いますが、こいつがボリューム満点で意外とサッパリとしてて美味い。

だから、8個でも普通に食えた。
前に書いた銀座にある天龍の餃子より、油っこくない。
だから少々量が多くても食えちゃう。

食った後も胃ももたれないし、ニンニクも入ってなし、何よりも安い。
労働者の味方っすね。
また行こ〜っと。
posted by ナカタ編集長 at 22:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

巨人もサッカー日本代表も一緒

「巨人の人気無くなった」
という報道と
「サッカー日本代表の人気が無くなった」
という報道はとても良く似ていると思う。

情報を発信する側が、そのスポーツの情報を安直にして受け手を疲弊させてしまった末路だと思う。

例えば、私がプロ野球で今一番欲しい情報なら今一番面白いはずの北海道日本ハムの話だろうけど、そんなのをちゃんと書いている所は殆ど皆無。

サッカーなら、J1で上位に食い込む我らが川崎フロンターレの情報が欲しいけど、それも皆無だ。


なのに、どっちのスポーツも海外に行かれた選手の情報の方が手に入りやすかったりする。

はっきり言って、海外移籍フィーバーみたいなバブルは視聴者からすれば、とっくに終わっているのに「松井秀喜が凡退した」だの、「中村俊輔が出場しなかった」だので記事にしてトップで報道したがる。

これは昔、無駄に巨人の情報だけが溢れていたプロ野球の状態に良く似ていると思う。

そんな情報じゃ野球の魅力もサッカーの魅力も伝わらん上に、大して面白くも無いのにだ。

そういう情報ばっかり受けていると、受け手はどんどん疲弊していく。
そのスポーツへの関心も無くなっていく。

ファーストフードを与えられ続けて、食事への関心が無くなってく感じか?


近年、特にメディアは張りぼてみたいだったサッカー日本代表と欧州へ移籍している選手のみを無駄に報道してきた。
本当にサッカーが好きでスタジアムに足を運ぶ人が欲しがるJ1やJ2の情報をちゃんとした形で伝えなかった。
そして今になって、現代表は「顔と名前が一致しない」なんて記事にする書く上に「海外組を選出しないオシムが悪い」なんて書くんだから、本当に困ったものだ。
ボケた老人がとぼけてる以上に性質が悪い。
スタジアムに通ってるファンは現代表の選手の顔と名前はちゃんと一致している。
一致してないのは、そういう情報を受けられなかった可愛そうな受け手と、安易な記事を書き続けて、ちゃんと取材していなかったメディアだ。

結局、巨人の人気低下を野球の人気低下に直結としたメディアの手法と同じニオイ。


いい試合。
いいチーム。
いい選手をちゃんと一通り伝えて欲しい。
そのベースがあって、海外や関連情報などのトピックスがある形にして欲しいと願う。

そうしないと、スポーツ知識に関する地域格差(スタジアムに足を運べる地域の人とそうで無い地域の人)は広がる一方だし、マーケットは縮小して人気も低下していく一方だと思う。
そうなると、メディアも一緒に死ぬことになる。
はやく悪しきスパイラルから抜ける努力を求む。
posted by ナカタ編集長 at 20:49| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A-Lineはカッコいいと思う

STI_a-line.JPG
最近、スバルのインプレッサWRXに触る(?)機会がちょくちょくある。

「ええ車やな〜(よだれ)」。と思う。

まあ、私が触るインプレッサはちょいと古いモデルなのだが、現行のインプレッサSTIを見ていても、腰元あたりのボリューム感は懐古的な色気があって、なかなかセクシーな車だと思う。
あの、アクが強くて変な顔も(全体で調和が取れていないと思うが)嫌いでは無い。


ただ一つ、顔より気になっていたのが、あの大きなリアウイング。
インパクトはあるしスポーツモデルの目印みたいなものだが、デザイン上とても余計。
空力上、多少は有利なのは分かっているが、あれが全てを玩具化してしまっている気がしたし、2ドアのクーペならまだしも、セダンに付くとなると、あの羽はセダンの美しさを壊しているように思っていた。


そこに現れたのがスバル インプレッサWRX STI A-lineという画像のモデル。
羽なしのSTIと言っていいモデルだと思うが、実車を見ていてもとても纏まりが良くなったと思う。

玩具っぽさが減った分、いい意味で無骨なセクシー感が増して、本来持っていたデザインが際立った感じがする。
内装もシックな感じで無駄の無い、最高級の「道具」へ近づいた感じです。

付けるデザインじゃなくて、取るデザイン。
これは中々に素晴らしいと思う。

こういう車を選ぶオッサンになりたい。
そんな訳で今欲しい車の話でした。
posted by ナカタ編集長 at 19:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

ニセ加藤ローサ

加藤ローサが出てるダンドリの最終回をチラ見して、小1時間くらい後に再びフジテレビにチャンネルを合わせると、画面には何故かまだ加藤ローサ。

あれ?ダンドリって何時間やってんの?

と、思っら国仲涼子の間違いだった。。。

くになか

まぎらわしいんじゃい!


だって、髪型とか似てたし。。。
posted by ナカタ編集長 at 23:03| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | TV&RADIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小池道】なんちゃっ亭(類似品にご注意ください?)

900yen.jpg
結構、近所のラーメン屋。
夜中までやってるので時々行きます。

店の名前は「なんちゃっ亭」。
「うまいぜベイビー」のでおなじみ馬油の「なんつっ亭」とは関係なし、(多分)


ここのラーメンは安いです。
チェーン店でも無いのに一杯500円。

豚骨ラーメンですが、そんなにこってりじゃないです。


この店は「もやし」「ほうれん草」「ネギ」など一通りのオプションがあるのですが、どれもこれも基本が大盛りです。(ラーメンの量は普通です)
それを伝えたかったので、記事にしました。

写真のそれは、もやし&ほうれん草&チャーシューで900円の図です。
横から撮れば良かったと後悔してます。標高は結構高い。

「らーめん二郎」や「めんでる」よりも野菜を食った気にさせてくれるので好きです。
どちらかと言えば、健康に良い大盛りか?


あと、餃子が結構、旨いかな。
JR武蔵小杉駅のロータリーにあるから、何かの際に。
posted by ナカタ編集長 at 09:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

「ぁ」と書くには「la」と打つ

ぁ

マシュー時東ぁみが出てるんだが、この人のテーマは以下にビジュアルで「垢抜けない」かって事なんだろうな。。。

アイドルという可愛くなきゃいけない職業でありながら「ホントは可愛いんじゃねーか?」って思わせる事に命をかけている。
しかも立派な2流アイドルなのに王道アイドルを目指そうとしてるスタンスがまた泣くほどダサい。
ネットアイドルっぽいアイドル加減とか。「ぁ」もそれっぽいし。

すげーな。この存在は。
作り手は何処まで狙ってんだ。

まあ、色々と想像しても結局はメガネだけが残る。
そして「メガネ」って事で、アイドルの歴史に名を残す存在なんだろうな。。。うぬぬ。
posted by ナカタ編集長 at 01:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

【タテイシ写真館】肉売り場にて

060913_2158~01.jpg

なんだこれ。

商品名でいいのか?
posted by ナカタ編集長 at 22:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイトルはFREEDOMっていうそうで

top_tmp1_photo.jpg
日清カップヌードルのCMで「AKIRA」っぽい感じの大友克洋の作品「FREEDOM」が放送されているが、あれのYahoo!動画オリジナルバージョンが配信ようです。

CMでも「カッコええな〜。全編観たいな〜。」って思ってたので、この配信は楽しみであります。
あと前にも何かで書いたけど、宇多田ヒカルの曲って、ああいうサイバーで近未来な感じにマッチする。
FREEDOMとのマッチングもとてもイイ感じだと思う。
どうせなら世界にはこの雰囲気で売り出して欲しいなあ〜。

本作はDVDでも発売されるようで、そっちがノーカット版ってことになるのかな?
商売上手。ちょっと観たい。


あと、公式サイトもかっこよい。(ここでも動画を少々配信中)
posted by ナカタ編集長 at 12:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

たまには良いニュースだ

最近、グチしか書いてなかったけど、たまには良いニュース。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20060912053.html

ここでも結構、書いたJリーグの審判問題。
問題の宝庫だった家村審判が研修1ヶ月で、その後適正検査なんだそうです。

「自信を無くしてる状態」らしいですが、まあ確かにそんな感じだったわな。
1ヶ月で立ち直れるのかって気もしますが異例の出来事が1回起こった事実はデカいです。
他にも何人か適正検査してもらいたいですねえ。
posted by ナカタ編集長 at 20:45| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

乗りたい車

そりゃ、車選びは自由ですがね。

職場の後輩に
「MPV欲しいんですよ。かっこいいじゃないですか。」
って言われた日には、何か悲しくなったんですよ。

MPVを悪い車だと言ってる訳じゃないよ。
でも、ウィンタースポーツも
サーフィンもやらなくて
特に大人数で何かすることも無い独身の若者くんが
「ミニバン欲しい」
って心から思ってる状態って、何かとても貧しく思うんだがいかがでしょうか。
一応、若い間は若い時にしか乗れないような車が色々と勉強になっていいよ。
と、伝えておきました。

しかしながら、彼のようなミニバン好きな若者が最近とても多くなりました。
スポーツカーに乗れとは言わないが、車の持つ運転の楽しさは経験して欲しいと思います。

自動車製造メーカーはこういう状態ってどう思ってるのかが知りたいです。
売れてる所程、特に考えて無いのかな。
乗りたい車と人にオススメしたい車がほんとに少ないもんね。
これも素晴らしきマーケティングの産物かもしれませんが。
posted by ナカタ編集長 at 18:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

ロコロコで王手?

rocoroco.jpg
Nintendo DSとPSPって、スーパーファミコンとメガドライブ、PS2とドリキャスみたいなワンサイドになりつつある戦いだと思う今日この頃。


で、敗色濃厚なPSPで、最近では唯一知名度の高いゲームの「ロコロコ」ですが、驚愕の事実がありました。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/786949.html


前にゲーム屋で見つけて、試しにPSPを傾けてみたけど、アレが全く動かなかったのは正常な動きだったんだね。。。
オジサン、てっきりPSPが壊れてるか、プレイできないモードなのだと思ったよ。

しっかし、これは明らかにサギってるだろ。
キャラがカワイイだけに、より一層サギってる感じがします。

こりゃ、ロコロコでPSPが王手喰らってるかな?
posted by ナカタ編集長 at 03:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

WBC、甲子園そして都市対抗

春はWBCでは日本が優勝。
夏の甲子園では素晴らしい試合が多かった。

そして、都市対抗野球です。

1回戦初勝利というチームが優勝してしまうという約半世紀ぶりの快挙がありました。
優勝したのは秋田のTDKなんですが、何でも船木監督の采配がとても素晴らしかったみたいです。
2、3試合はちゃんと観戦してみたかったなあ。


野球ファンのみなさん。
あんまり目立ちませんが、ここんとこちゃんと押さえておいてくださいね。

つー訳で
奥さん、今年の野球はドラマチックみたいですよ。(小さい声でこっそりと)
posted by ナカタ編集長 at 23:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単独犯だって(笑)

今日、姉歯被告の裁判がありました。

【記事一部抜粋】
> 姉歯被告は四月、警視庁などの合同捜査本部に逮捕され、五−六月に起訴・追起訴された。
> 事件は当初、建築士や建設会社などによる組織的詐欺の疑いも浮上したが、捜査の結果、姉歯被告の単独犯行と判明した。

え?
何言ってんの?単独犯?
ふざけ過ぎてて、笑います。ギャグでしょ?

政治家と企業と役人と検察がお金使ってグルになるとこういう事が出来るんだ。すごいね。
きっと、北側とかいう創価学会員の国土交通省大臣が暗躍なさったんでしょうな。

欠陥住宅で世界をつぶす創価学会。
聖教新聞のラジオCMで是非ともこの辺も流して欲しいもんですよ。

紀子さまに男の子が生まれて、サッカー日本代表の試合もある。
他のニュースで消されちゃうにはうってつけだったね。
総合経営研究所の内河健所長なんて、笑いが止まらないんじゃない?

ホントに怖い話だ。
posted by ナカタ編集長 at 20:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

遺恨ってことで済むのかよ

日曜日にオシムを観てきました。


とはいえ、日本に居る息子のアマル・オシムの方なんですけどね。

つまり試合はナビスコ杯準決勝のジェフ千葉VS川崎フロンターレのカードを観戦したってことです。
俺、カップ戦って好きかも。
リーグ戦も面白いけど、トーナメント特有の「負けた時点でお疲れ様でした」ってのは、とても良い。
代表戦の裏面的要素もあるので、ナビスコ杯は観客が伸びないのが悲しいけど。


さて、ゲームの話に戻れば、このゲームは乱闘騒ぎがありました。
各メディアの記事によると「終盤の小競り合いから」という感じですが、観てた方からすれば後半は徐々に荒れていく感じで、最後に爆発しただけって感じでした。

ジェフのストヤノフの行為は、爆発のトリガーでしか無い感じ。
受けちゃった佐原も悪いけどね。それだけじゃ無かったという事は伝えたい。


とはいえ、一番問題だと感じたのは主審。
彼が観てないところでゲーム中は結構色々あって(観てないからあったとも言えるけど)、その時点で芽を摘んでいれば。。。
昨日のストヤノフは試合中からちょっとやり過ぎな感じがしたし。
厳しいけど審判のゲームコントロール不足だと思いました。
特に最後の乱闘は没収試合になるくらい戦ってるのに審判は全然コントロール出来てなかったし。
カード出すのって本当に難しいなあ〜と感じました。

一観客としはゲームもスコアも荒れてて、良いプレイも多々あった(水野のロングシュートなど)ので正直なところ面白くもあったんですがね。(不謹慎)
試合後に一部のファンが何やら騒いだみたいなので、そこら辺は頂けませんが。


そんで、駄目押しで一番悲しかったのはテレビ朝日の「やべっちFC」。

気に入らないのが
「ジェフVSフロンターレ」も「マリノスVSアントラーズ」も
波紋を残す荒れた試合だったんですが、そこら辺は触れずに報道したこと。

この2ゲームであったことは色々と議論されても良いと思うんですがねえ。
どこに遠慮してんのか知らんがサッカー番組と名乗るなら、やって欲しかったです。

特に「マリノスVSアントラーズ」の両チームが頭を打って倒れてる間に、アントラーズがゴールしちゃうのなんて、俺は最悪だと思うんですよ。
「ブラジルではどうの」とか「審判が笛を吹いてない」とか言って擁護する人もいますがね。
ゲームを止めなかったせいで、頭打った選手が致命傷に陥ってたらどうすんだって事ですよ。
特に審判の岡田とかいう「SR」というプロ審判が仕切ってる試合ではあってはならない事だと思うのですがね。

「遺恨」なんていう程度の話ではなく
「負傷したら審判が止めなくても、ゲームを止めるべきか」や
「審判がなぜ強引に止めなかったのか」など
もっと深い話が必要だし、議論されるべきテーマだったと思うんだがね。


サッカー界の発展は選手育成だけじゃなくて、こういう類の話もとても必要だと思う。
posted by ナカタ編集長 at 16:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

10/19

19-10.jpg
10月19日の話じゃなくて、今選ばれているサッカー日本代表の選手はリーグ戦、代表戦諸々含んで最高で19日間で10試合をこなすそうだ。
あり得なくない?


普通のJ1選手なら19日間で5、6試合くらいだと思うよ。
つまり倍は試合する上に、片道16時間も移動時間で移動先が灼熱のサウジアラビアだってんだから、早実の斎藤くんの4連投より数段あり得ないと思う。

ある意味で無理してるとこが美学の高校野球ですが、これはプロ選手がやるサッカーですよ。
どっかの企業なら労働組合が超過勤務で怒鳴りますよ。

もっとも、ファンとしてもフィジカルコンディション最悪の選手を見ても、あまり楽しくないんですけど。



話はちょいと変わって
その昔、私の通っていた中学校に元サッカー日本代表選手の信藤健仁さんが講演に来たことがあった。
当時はJリーグが始まる直前か直後くらいで、みんな「サッカーってどんなもん?」って感じだった。
そんな中で、信藤さんはサッカー選手は世界で戦うと色々と大変な事が多いというような話を色々なエピソードを交えて話てくれた。
サッカーへの興味はそんなに無かった時代だが、純粋に面白かった記憶がある。
そして一番記憶に残った話が、過酷な試合と練習が続くとプロサッカー選手でも普通に「血尿」が出てくるというもの。
選手同士では「あ、俺も出たよ」みたいに話していた。というエピソードが今でも強烈に脳焼きついている。
それ以来、「サッカー選手=過酷」みたいなのが私のベースになってます。はい。



過酷さだけなら今回の代表日程も全く負けてないと思う。
多分、今の代表選手も海の向こうで血尿出して頑張ってんだろうなあ。。。がんばれよ〜。


とにかく、アジア選手権の予選は通過すればOK。
選手たちには「ケガ」だけはしないように帰ってきて欲しいです。(祈)
posted by ナカタ編集長 at 18:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。