2006年03月31日

年度末だから

年度単位の仕事が多い業種だからかもしれないが、年末よりも年度末の方が人生のイベントとして濃いことが多い。

晦日のボスが大晦日なんだから、今日は中晦日くらい呼んであげても問題ないレヴェル。


特に今年度末は例年にない人生の転換期です。
公私共々、色々と変化することがいっぱいある。

まあ変化と言っても、今日までは「終わり」にすることが多くて、明日からはそれ以上に「始まり」になることが多い。

年度末が持つ「終わり」の緊張感ってのを感じている所存です。


皆様、今年度は何かとお世話になりました。
来年度も何卒よろしくお願いします。

よいお年を。

さくらも見ごろ
posted by ナカタ編集長 at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

スカパラ、次は甲本ヒロト

現在、東京スカパラダイスオーケストラがボーカリストを招いて曲をリリースしているのはご存知の方も多いかと思います。
「歌モノ・シングル3部作」っていうらしいです。

永積タカシ、Charaと来て最後に選ばれたのが、あの「甲本ヒロト」に決定!

タイトルは「星降る夜に」なんだそうです。

もしかしてハイロウズ解散後の初仕事だったりする?

スカパラ&甲本ヒロト!

前回の3部作では、矢鱈と「ダンディ(田島貴男、チバユウスケ、奥田民生)」路線でしたが今回は「温かみ」みたいな感じなんですかね。
なんだか聞いていてフワフワと浮遊感ある感じ。

スカを歌うヒロト。うーん楽しみっす。
posted by ナカタ編集長 at 16:04| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

そうか、そうだったのかね旧トゥルシエくん

トゥルシエ前カントゥクがイスラム教徒に改宗したって話は世間をプチ騒がせてますが、理由の一つにこれがあったらしいっす。


 ワールドカップ前に俊輔を代表からはずしたことで仏教集団からたびたび脅されていた


へーそうか。
そうだんたんだねー。
そりゃ大変だ。
その仏教集団ってフランスじゃマルチっすからね。あそこ。
でも突っぱねたトゥルシエ偉い。見直したぜ。


そういえば通訳以外は役立たずの現在の日本を代表する左SBも実は。。。

そんなこたねーか。


【参考】情報元のガゼッタ。読めないけど。
posted by ナカタ編集長 at 14:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

お笑いのドリル

問題という形でフリをだしてくれるドリルを見つけた。

その名も
七田式・知力ドリル そうぞう

そうぞう

内容は確実に「ボケましょう」です。↓
ぼけましょう

見てるとが止りません。。。(面白すぎて)

オラ、これで強くなる!
posted by ナカタ編集長 at 21:20| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 熱いぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

明治生まれのフィギュアスケーター

某メーリングリストより

織田信成くん116歳


誕生日
・1959年 嘉門達夫さん (タレント)
・1887年 織田信成さん (フィギュアスケート選手)


戦国武将の子孫だからって、こりゃねーだろ。(笑)


【参考】織田信成さん (フィギュアスケート選手)
116歳には見えない滑り!
posted by ナカタ編集長 at 19:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱いぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GyaOでシティーハンター

4197802137シティーハンター完全版(1)
北条 司
徳間書店 2003-12-15

by G-Tools


GyaO北条司の人気作品であるシティーハンターを流している。
久々に見たんだけど、もう20年くらい前の作品なんだね驚きました。
とはいえやっぱ面白い。

ちっちゃい頃は何だかリアルな作品だな〜って思ってたけど、今観るとちゃんとアニメしてる所も多いってことがわかる。「そんな無茶な」って所も多い。

他にも冴子刑事が乗ってた車が往年の変態車名車ルノー5ターボ(でも何故か4人乗り仕様)だったりするのが解る。
その車のチョイスに感動してしまった。

そんな感じで今だから解る部分も多く、当時とは違う楽しみ方が出来る。

あと、エンディングを見て思ったんだけど、TM NETWORKの「GET WILD」はシティーハンターで聞くのが一番カッコイイ。
posted by ナカタ編集長 at 12:09| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

珍雑誌に会いたい

季刊 店舗

昔からですが、変な珍しい雑誌が好きです。

昔、気に入った雑誌はとりあえずコレクトしてみるという趣味があった。
その性が未だに影響してか、変わった雑誌を見ると、とりあえず開く。

「チャンプロード」「月刊 自動車工学」はまだしも、「季刊まちづくり」「季刊 仏教」あたりになると、もう買ってる人間を想像するだけでゴハンが進みます。

僕が痺れる珍雑誌のポイントは僕の日常には全く無意味な内容と異常に高い価格です。

デカい本屋や特殊な本屋ではこういう雑誌に出会えるので最高です。

最近、珍雑誌に出会えてないけど、久々に大物に出会いたいな〜。
posted by ナカタ編集長 at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

やさしさに包まれたなら

職場の立地と自宅の立地上、良くセブンイレブンに行きます。

セブンイレブンっていや、業界のトップをひた走るエリートです。惑星べジータのべジータ王子くらいエリートなんですが、そんなべジータも時折やらかします。


どの商品だっていいませんが、明らかに売れ行きの悪い惣菜または弁当が時々出現します。


良くあるのが明らかにカロリーがやられてそうな揚げ物系の惣菜です。
そんな惣菜を良く見ると、カロリーが書いて無いわけですよ。

それを見ると
「ああ、こいつ堅気のモンじゃねーな。訳アリ野郎だ。」
って思う訳です。

で、まあ当然ながら俺も買わないんですよ。
健康志向とかダイエットとか持ち出して。


でも、ふらっとセブンイレブンに入って、ガランとした弁当コーナーでひたすらに客を待ち続ける1つの山。
明らかに手に取られていない訳アリ惣菜の山を見ると、彼らの健気さに心が揺れてしまいます。

そして、自らの健康を投げ打って手を伸ばしてしまうのです。

内心、「実は食べたら凄く美味しいかもしれない。」とか言い訳するんですよ。


まあ実際、食べても想像以上の味がした試しが無いんですがね。
解ってるんですが寂しいですよ。これ。



まあ、そんな優しさに支えられて、僕の体重は日々増えていくのでした。


目にうつる
すべてのモノが
高カロリー


ビバ!ダイエット!
以上
posted by ナカタ編集長 at 21:05| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WBC優勝

胴上げ3回


川崎(むねりん)の手、届いてなくね?


全体的に日本よりな判定だった気がします。
小笠原の四球も。
松坂のストライクも。

ま、審判は絶対らしいんで良いけど。。。


考えてみれば、キューバはアメリカでやる以上、物凄くアウェーなんだよね。
それでも準優勝っていう結果を残したのは凄いことだと思う。


あと、松坂がMVPってのもメジャーからのメジャーへの布石に見えた。
投手で評価されるなら上原か大塚。
個人的には藤田&藪田&藤川のセットアッパー陣に挙げたい。

ごちゃごちゃ書きましたが、この日本代表の「優勝」は時間が経つほど輝くはずです。
サッカーW杯の「ウルグアイ」のようにね。
直近でも野球人気への最高のカンフル剤になった。選手名覚えた人多いんじゃない?


とても良い試合をしてくれた彼らの為にも、日本球界の改革がWBC優勝というオブラートによって停滞しないことを祈ります。
ディフェンディングチャンピョンらしく真摯にね。


あー面白かった。
さて、西岡を応援しにマリンにでも行く計画立てようかな。
posted by ナカタ編集長 at 14:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

木村カエラ、サクサク卒業

遂に来たか。。。

そんな感じです。

木村さんが、tvkの人気番組である「saku saku」のパーソナリティーから3月末で卒業することになりました。

番組降板することを「卒業」と言うのは変な気分がする時も多々ありますが、木村カエラ女史のサクサク降板は正に「卒業」だと思う。
彼女はこの3年で物凄く予想以上に成長した。


黒幕さん(白井ヴィンセント)が公式サイトの「ひとりごと」コーナーで書いてることがこれ以上ない説得力でしたので、全文掲載させていただきたいと思います。
どんだけ寂しくっても、この「ひとりごと」には適わんのじゃ。


4月以降は新曲が出たら遠慮なくゲストでプロモってくれたら嬉しいっす。

それでは黒幕さんの「ひとりごと」。重みあり。ええ話な感じです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
続きを読む
posted by ナカタ編集長 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | TV&RADIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

怪〜ayakashi〜

何か良く知らんのですが、先日「怪〜ayakashi〜 化猫」という作品を見た。
これがめちゃくちゃ面白かった。


何やら「ノイタミナ」っていう「大人のスタイリッシュアニメーション」(フジテレビのWEB SITEより)らしい。
今まで「ハチミツとクローバー」と「パラダイスキス」を放映してた枠らしいです。
どっちも少し見たとこがあったんですが、どちらも「あ、いいや。パス。」って感じ。とても「大人のスタイリッシュアニメーション」だったとは思わなかった。(そもそも、そんな括りがあったことを知らなかったんだけど)
でも、この「怪〜ayakashi〜」の「化猫」は面白いと思う。


何よりアニメーションとして美しい。
和紙のテクスチャーを使った美しい色、手抜き感のしないCG、細部までこだわってあるデザイン、BGMの少ない(無い?)張り詰めた間の演出など、がっつり見入ってしまいました。
作り手が勝負している感じが映像の緊張感を増幅させてる気がします。
オシャレなアニメは多いですが、こいつは突き放した感じがしないのも「○」です。

アニメというより優れた映像作品として見ることをオススメします。
つっても次回(3/23放送)が最終回なのかな?お見逃し無く。

【参考】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%AA_%EF%BD%9Eayakashi%EF%BD%9E

B000EULVN6怪 ~ayakashi~ 化猫 (初回限定生産)
角川エンタテインメント 2006-07-07

by G-Tools
posted by ナカタ編集長 at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV&RADIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

【タテイシ写真館】とらないでね

立て札に但書きあり。

私をとらないんでね

「私をとらないでね(私の名前はほととぎすです)」


は?

激しく意味不明です。

混迷の極みです。
情緒不安定になります
posted by ナカタ編集長 at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 熱いぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

小沢さんの新作を聴いた

B000E6G6NAEcology Of Everyday Life 毎日の環境学
小沢健二
東芝EMI 2006-03-08

by G-Tools


小沢さんの新作を聴きました。

印象として、浮世離れしてる感じのアルバムだけど、いい曲だと思う。
前作の延長線上には乗ってるように感じた。


そういえば、表紙にいるウサギを見て思ったんですが、彼が書いている童話の「うさぎ!」と関係あるの?
イメージアルバムとか?



とりあえず、今まで歌ってた人のインストなんで、激しく退屈なんじゃねーかと心配してたんですが、そんなことは杞憂でした。
考えてみりゃ「球体が奏でる音楽」にもインストあったし、それもいい曲だった訳で。
全然、OKでした。


でもやっぱ、彼の歌詞が恋しいっす。
アルバムを開いて、各曲の日本語タイトルを見た瞬間にそう感じてしまいました。
「彼らしい」っていうか、相変わらずのセンスです。
その片鱗を感じた時に、歌詞が欲しくなりんした。


実はワタクシ、小沢健二の「さよならなんて云えないよ」の詞が今のところ一番好きです。
次のリリースは何年後か解らないですが、次は歌ってほしいなあ。

B0000AOD5N刹那
小沢健二
東芝EMI 2003-12-27

by G-Tools
posted by ナカタ編集長 at 00:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

【WBC】準決勝は韓国VS日本

嬉しい。

メキシカンの意地を感じた。
仲良くしたいぜメキシカン。

相当諦めてたんですが、メキシカンを舐めてました。
まあ、あんなアホ審判にクソ判定されたらメキシコもキレるわな


しかし、メリケンも弱かった
アメリカも「格下」と言われる相手との戦いで、モチベーション的に厳しいところもあったのかな。
次回はチャレンジャーとして挑める訳だから、ズル無しでも勝てるアメリカに期待したい。
その時は、ガチ+アホ審判抜きでやりましょう。


しかし、あんな素晴らしい日本VS韓国のゲームをまた見れるってだけでゾクゾクします
兵役免除でガードが下がってる(かもしれない)韓国に思いっきりパンチしちゃれ!
今度は負けねーぞ!

目指せ!3度目の正直!
posted by ナカタ編集長 at 19:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

WBC、総括(仮)

明日の試合の結果を待ってから書こうと思ったんですが辞めました。

敗戦が残念です。


うーん。

みんな頑張ってたし、物凄い集中力だったけど。。。結果が伴わないのはいかんともです。

後の祭りですが
王監督の采配に難があったように思う。
今日の試合では、球児を回の頭っから使って欲しかった。
餅は餅屋。
杉内は良い先発投手だが、良いセットアッパーでは無い。

でも、エラーした今江に代打を送らなかったところや、杉内を引っ張ったところは王監督の優しさだったように思えた。
王監督らしい采配だが、それが裏目に出てしまったように思う。

但し、それが全て王監督のせいだとは言わない。
シーズン開幕まで後10日という日程も邪魔をしていたように思う。
そのせいもあってかソフトバンク以外のチームの監督に遠慮して采配いる部分があった。
非常に律儀な人だけに、見えない力が王監督の采配を少しだけ狂わせていたように思う。


だから
「国際大会の難しさ」「運」
こんな言葉で締めてしまわないようにしてほしい。

俺が思うにアメリカが勝てない理由と日本が勝てない理由は同じベクトルだ。
色々な意味で代表へのバックアップが足りなかった。

里崎が韓国戦を前に「相手の研究をするも何もそんな情報が無い」と言っていた。

結局、王さんやイチロー、そして他の代表選手に背負わせた荷物を、本来バックアップすべき機関やスタッフが持ってあげなかったのが敗因だ。
それが韓国と日本を分けた1点差だったように思う。

選手の質で負けているものは全く無かったのに、それを結果として証明させてあげられなかったのが無念で仕方ない。
posted by ナカタ編集長 at 21:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理想と現実

人間ってのは、自分のことを現実より良い風に思ってるところがあるらしい。

これが良く分かる教材がありました。


今週のTOKYO WALKERで表紙だった倖田さんの表情がまさにソレです

多分、倖田さんの脳内理想はこんな感じだったはず。

理想:アンジェリーナ・ジョリーさん
セクシーのお手本:あんじぇりーな先生


現実:倖田來未さん
セクシー顔に挑戦する倖田さん



セクシー顔のつもりだろうが「顎の調子ワルイ〜。」にしか見えん。

雑誌の表紙を生で見るとホントつらいです。



。。。がんばれエロかっこいい人!




PS:倖田來未って変換しても出てこないから書くのメンドイ!
posted by ナカタ編集長 at 16:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱いぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

敵は審判にあり

WBCでメキシコに日本勝利。

色々と考慮すれば実質の順位はこんな感じ。

 1位 韓国
 2位 日本
 3位 アメリカ
 4位 メキシコ

上位2チームが勝ち進む。
失点率だの色々あるみたいですが実際問題「日本が負けて、アメリカが勝つ」以外はアメリカが2次リーグを突破するのは殆どムリ。

きっと次の試合では
韓国のピッチャーはストライクゾーンが広くなって、日本のピッチャーは狭いストライクゾーンに苦しめられるだろう。
同様にアメリカのピッチャーもストライクゾーンが広くなって、メキシコのピッチャーは狭いストライクゾーンに苦しめられるだろう。

韓国戦の敵はスンヨプより審判の可能性が高い。


まあ、あの試合でアメリカが日本に負けてれば、韓国戦終了時点でアメリカはTHE ENDだったんですから、これ以上は無理強いしないで欲しいところですがね。
とはいえ、内心アメリカがどんな荒技を使ってくるかがワクワクします。

きっと物凄いことやってきますよ。
「戦争を始める」「テロを起こす」くらいは十分に有りえるかと。
今大会では「アメリカ=ジャイアニズム」な感じですからね。


で、一番最悪なのは、2次リーグで負けた腹いせに
「商売上上手くいかなかったから次回は中止。今大会も問題だらけだったから優勝してもねぇ。(笑)」
とか言い出す事です。
これが本気で心配になるってんだから、困ったジャイアンです。

アメリカも負けたら黙っててほしい。。。
posted by ナカタ編集長 at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

レゴラーも感動!

レゴラーってのはレゴが好きで好きでしゃーない人を言います。


レゴを握って生まれてきたという逸話のある位の生粋のレゴラーである私ですが、そんな私もこれには感動しました。

↓これ
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=126969


レゴ何個使ったんだ?って思いますが、もうレゴラーには生唾モノですね。
ただ、原子力空母ってのがちょっと穏やかな感じじゃないので感じ悪いですが。再現力には頭が下がります。

あー、思いっきりレゴりてー!


↓街シリーズ最高
B0002HLBTUレゴ エクスプロア レゴのまち 楽しいポリスステーション 4691
レゴ

by G-Tools


↓基本はこれだポッチ
B00027YG2Yレゴ 基本セット 基礎版 灰 48×48ポッチ 628
レゴ

by G-Tools
posted by ナカタ編集長 at 23:33| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 普通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒルクド

5月末からTBSの昼ドラにクドカン登場なんだってー。
ついにヒルクドっすよ。
登場って言っても脚本書くってことね。出演するかもしれないけど。

斉藤由貴とミッチーが夫婦役でタイトルは「我輩は主婦である」だってさ。

いいなー。
見たいなー。
毎日、真夜中に再放送してくれないかなー。

ぜひとも1クールじゃ出来ないような話にして欲しいっす。



秋には↓もあるし。今年もクドカンが楽しみじゃ。
http://www.tbs.co.jp/catseye/index-j.html
posted by ナカタ編集長 at 14:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV&RADIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期待の反動

あれから数時間経ちますが、未だに納得いかんです。
全く行かんです。

WBCの判定


腐ってます。
ほんと腐ってますよ。


呆れるというか。。。。マジで胃がムカつきます。

審判はメジャー経験のオッサンらしいですが、そんなのは関係なし。。。
彼の下した自己顕示欲の塊のような判定は、ベースボール自体を腐らせてしまうくらいの劇薬だったという事を、彼に伝えて欲しい。
そして「貴方の愛するアメリカとアメリカの野球史に、貴方は泥を塗ったんだ」と伝えて欲しい。

システムに問題があったのかもしれないが、それもちゃんとアメリカは落とし前付けてね。
日本の野球人が必死に魅せても、彼らのせいでベースボールが地に落ちてしまうから。
だから次回大会からは、このような失礼な大事故がおこらないように真面目にやって頂きたいと願う。



まあ、良いプレイの連続でした。
素晴らしい野球だった。だからこそ、私は怒るんです。
posted by ナカタ編集長 at 02:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。