2004年09月30日

【ラジオ】雨上がり決死隊が水曜ジャンクに登場

今週からTBSの水曜1時のラジオがTBSの看板番組であるコサキン(小堺一機&関根勤)から雨上がり決死隊になりました。
始めコサキンが終わったのかと思いましたが、土曜の12時に移動したみたいです。ご安心を。

あ、ジングルでZAZEN BOYSの曲のイントロを使ってる。

最近の雨上がりは蛍原が結婚を発表したりと、なんだかとっても順風満帆で安定しる感じ。雨トーク(テレ朝)も面白いもんね。
第一回のラジオってコーナーも何も無いからフリートーク&フツオタ(普通のお便り)で2時間。
フリートークオンリーって、珍しいから面白い。
でもまあフリートークって言っても、トークもハガキも蛍原の子供の名前を考えようになってますが。。。


TBSのこの枠(午前1時〜3時)は伊集院光で10年、爆笑問題で8年、極楽とんぼで4年と長寿番組となるのが定例です。
ちなみにコサキンは24年だとか。。。化けモノですね。

それに負けないように雨上がりも25年を目指すそうです。
こういうバラエティでありながら長く続く番組ってラジオだからこそ可能なのが現実。
雨上がりにも、この枠を大事にしていってもらいたいです。
posted by ナカタ編集長 at 02:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TV&RADIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

noidの宣伝(音楽好き必見!)

私の中学校時代からの友人がリーマンしながら、とあるバンドでドラムを叩いております。
正直な話、私はこのバンドを見たことありません。というか音すら一つも聴いたこと無いんです。(笑)

幾ら好き勝手BLOGと言えども、見たことも無い物を「おすすめ」とするのもなんだな〜と思いながらも、早く記事にしたいな〜とも思う。
どうしたものかと考えて居たんですが、考えてるならやってしまえ。で記事にしました。

名前をnoid(ノイド)といいます。ノー・アイディーじゃないですよ。4人組。


どこかでこの名前を聴いたら、ちょいと足を止めて耳を傾けてあげてください。

どうやら、地元の有名FM番組に呼ばれたとか。
この記事読んでる人で俺より先に知ってる人も居たりして。


もしかすると、近い将来、フジロックの「ROOKIE A GO GO」なんかで見れるかもしれません。
まあ、これは私の夢なのかしれませんが。(笑)

だた、それくらい面白い存在になることは「確か」です。


これから、何かあれば微力ながら応援していこうと思います。

下に公式サイトのリンクを張るんで、ちょっくら覗いてコメントでもしてもらえれば幸いです。


公式サイト:noid Official Home Page
公式BLOG:noid "kimama" diary
posted by ナカタ編集長 at 02:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

【球界再編】地域密着型の意味の履き違えに注意!

2日続けて、球界再編の件です。

四国で石毛(元オリックス監督、西武黄金時代のサード)が独立リーグを発足するらしいです。
元プロを集めるとかではなく、18〜24歳くらいの人を集めたいとか。
真っ先に浮かんだのがドジャース野茂の持っているベースボールクラブの延長線上みたいなチームを集めたリーグかな〜というイメージ。
こういう動きは非常に素晴らしい。熱い男、石毛らしいなあと思いました。

四国は古くから高校野球でも強豪が多いので、人材も豊富だと思います。
きっと、四国という土壌や人材をもっと大切にしていきたいという思いが石毛にはあるんでしょう。
そういう意味では地元選手を集めて、地域密着を計るのが良いかと思います。

しかし、これがプロ野球のチームとなると、地元選手を引っ張って来ることだけが、地域密着だと思ったら大間違いです。

地域密着というのは、選手と観客、フロントと観客、フロントと地元企業、フロントと地方自治体といった所で堅く密着し、バックアップされていくことが、地域密着型チームであり、地元出身選手や監督を登用することだけが地域密着ではない。

是非、ビックスワンに5万人を集めるアルビレックス新潟を見習ってもらいたい。
あのチームには新潟出身の選手が殆ど居ない。レギュラーだと0かも。(正確な数値忘れました。すいません。)
でも所謂「おらがチーム」として現在日本で一番お客を集めるチームとして成り立っている。
現在のアルビレックスの人気は、アルビのフロントが地方自治体(町内会レベル)でチケット配ったり、各家庭が見に来れる日のチケットを配布するという凄く地道な努力が実った結果であるそうだ。

(但し、新潟の場合、新潟の地方自治体同士でモメている部分があり、そこら辺が非常に残念ではあるんだが。。。)
もし、アルビが野球チームならアルビの客は巨人戦でなくとも、お客が入ると思う。
そういうようなチーム作りこそ、本当の地域密着型チームと言えるのでは無いだろうか。

地元選手や全国区のビッグスターを狼煙に使うのもいい。
但し、そんな一時的な刺激では人気や集客は持続しないことも理解してもらいたい。
プロ野球界にスター不在なら、スター不在のやり方があるはずです。

是非とも、ライブドア、楽天どちらの社長さんにもその辺りを考慮していただきたい。
というか、11球団全てのオーナーに知ってもらいたい。
posted by ナカタ編集長 at 16:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

雑記の全部入り。

書きたい事が多いので全部書きました。

1.川崎フロンターレJ1昇格!

延び延びになってて、このまま昇格しないんじゃないかって思いそうでしたが、なんとか昇格です。
いえーい。
しかも過去最速で昇格決定だとか。
延びてる間にこの最速記録は達成できなくなったと勝手に思ってました。(笑)
アルビレックス新潟の様子を見ていると、上も辛そうですが、あの破壊力が上でも通用するか見てみたいです。

2.三菱自が全国61紙の朝刊にお詫び

内容を読みましたが、ホントのホントに最後にして欲しいです。
それに相応しい内容だったと思います。
問題発覚後に打ち出した、どの宣言文よりもユーザに解りやすく、明確だったと思います。
これなら変われるかな?って一番感じました。

あと、裁判で過去の方々が「リコールは隠してない」とか言ってますが、ホーントに呆れます。
法律をどうこう言う前に「恥を知れ。」ですよ。
しっかし、あんなのが居たんじゃ、いくら膿を出しても直らない訳です。


3.ZAZEN BOYS 2

ALBUM「ZAZEN BOYS 2」の感想を書いてませんでした。
ロックじゃない。
心はロックなのかもしれんが、音はロックじゃない感じ。
R&Bみたいな臭い?ブルースってこと?
ファンク?ヒップホップ?
よく解らん。別に音がR&Bやブルースって訳ではない。

6本の狂った鋼の振動。揺れる脳細胞。ある種、これがジャンルか?

とにかくカッコいい。
前作よりも濃いオリジナリティ。

椎名林檎と一緒に歌ってる曲が好き。(林檎ファンってのもあるけど)

あと、CDケースの中の写真は恐らく厚木市の246沿いで撮影したな。(見たままか)
昔住んでたんで、だいたい場所の予想がつきます。ちょっと嬉しい。


4.TSUKIJI!

先日、早朝の築地で寿司を食べた。
(FATBOY SLIM見た後なですがね。)

踊り疲れて、腹も減り、よろよろと車で帰路についていたら、何やら騒がしい。
交差点を見ると「築地」の文字。

一度、築地に朝の来てみたかった。(と言っても、昼も夜も来たこと無かったが)

早速、車から降りて辺りを散策。

朝4時半ごろったので、流石に開店準備中といった感じ。
それでも、魚や昆布を取り扱う店が並ぶ中に時折、アジアンなオニギリ屋やコーヒー等がある。
いい感じ。いい雰囲気。
上野で感じたアジアンな雰囲気とは違うが、こちらのにおいも悪くない。
むしろ良いかも。
これがホントの都会っ子の東京なんだと思う。

築地ラーメン(名前あってるかな?)に後ろ髪を引かれながら、寿司屋に入る。
中トロが中トロとして美味かった。
正直、マグロがこんなに美味しいと感じたのは初めて。安かったし。

でも、やっぱりトロって僕の中で寿司じゃない。


昔々、日本人はトロはそれ程、食べなかったそうです。主に赤身を食したとのこと。
トロを食べなかったのは、脂が乗りすぎているせいだそうです。

じゃあ誰がトロを好んで食べたのか?
明治か江戸の終わりか忘れましたが、日本に来た、外人が好んで食べたのが始まりだとか。
肉食文化の人にはトロの脂は特にジューシーに感じたのでしょう。
そういう事から、日本人にもトロを好んで食べる文化が広まったそうです。(確かね)


という事を築地の中トロを食べて思い出した。
それくら脂が乗ってました。

僕は石川県の金沢の生まれなんで、小さい頃から、あまりトロは食べませんでした。
淡白でも他に美味しい魚が多くありましたし、脂の乗りなら冷凍のトロよりブリの方が良かった。

贅沢な話ですが、築地の寿司は僕の中の寿司では無いんです。

きっと、このトロを食べて育った人の江戸っ子の寿司が築地にはあるんだな〜。と感じました。
そういう文化を感じる素晴らしい味でした。

築地のトロ。一度食べる価値アリです。
posted by ナカタ編集長 at 23:17| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どっちの社長ショー(ライブドアVS楽天)

日テレの氏家とかいう人が、定例会見で常識ぶって詰まらんことを言ってますが、経営なんてのはやってみなきゃ分からんですよ。
少なくとも2人供、1代で財を築いた訳ですから。
普通の人間には到底思いつかないような経営のアイデアが、彼らから出てくる可能性は高いです。

で、じゃあどっちが相応しいか。

と書く前にどっちが選ばれるか。


多分、三木谷社長が勝つでしょ。
理由は簡単。
あの人が連れてきた、経済界の魑魅魍魎たちを断れる程の心意気がNPB等の選出する側の組織に無いからだ。
「あっちの方が断りやすい」なんていう消去法で選ばれるでしょ。


でも、俺は堀江に勝ってもらいたい。
だって、彼が先に手を挙げたんだ。

あと、先日からTVに出てる彼らを見てて思った。

三木谷は野球に興味が無い。
多分、野球を殆ど知らないぞ。
TVで、やたらと阪神ファンだとか抜かしてますが、新旧問わず、あいつは阪神の選手の名前もロクに知らんですよ。
報道ステーションでも好きな選手はって問いに「それは、我々の世代は王さんとか長嶋さん・・・」みたいな事を言ってましたが、阪神ファンって言うなら誰か阪神の選手を挙げろってゆうんですよ。

100歩譲って、好きな選手で「掛布」とか言って、翌日の朝刊に「掛布監督誕生か!?」って見出しが出るのを嫌がったなら解りますよ。
でもあれば違うな。カンだけど、あれは知らないだけだと思う。

オーナーが野球選手を知らなきゃ出来ないのか?と言われればそれまでだが、そんなオーナーなら今までのオーナーと何が違わないんじゃないのか?と問いたい。

で、堀江が知ってるか?と聞かれれば、それは解らんですが、少なくとも堀江の方が三木谷より野球選手を勉強してる。
監督候補に元ヤクルトスワーローズの八重樫を出してくる辺りからして、通好みな選択だ。
きっと、それを進言した彼の取り巻きが優秀(ある意味オタク?)なんだと思います。

福島出身だからって、中畑なんてアホに監督やらせたら、ホントに勝てませんよ。
巨人でのコーチ時代も散々駄目だったんですから。
よって中畑とか言ってる時点で、三木谷はNGです。それを進言した彼の取り巻きもNGですよ。

でも、三木谷のチームが出来ちゃうんですよ。
どんなチームになるか解らないですが、今の所あんまり好感の持てるチームにはならなそうです。
posted by ナカタ編集長 at 22:03| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

第1回 レシート自慢コンテスト

レディース・アンード・ジェントルメーン。

レシート自慢コンテストの結果発表の時間がやってきました。

今回、世界各国から投稿されたレシートは作品は全1作。
そして、その中から選りすぐられた1作がグランプリに選ばれます。
今夜、そのグランプリが発表されます!

では。。。グランプリ発表の準備が出来た模様ですので、発表させて頂きます。
ドラムロールスタート!


ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ

ジャーン!



第1回レシート自慢コンテスト グランプリは!
神奈川県にお住まいのナカタさんの作品に決まりました!

ナカタさん舞台へどうぞ!

ナカタさんには、日本レシート協会会長の森山直太郎よりトロフィーと、レシート用紙一年分が贈呈されます。
おめでとうございます!

では、そのグランプリ受賞作品を見ていただきましょう!

作品名:長いレシート
長いレシート

続きまして、ナカタさんから、喜びの声をお伝えしたいと思います。



「今回、グランプリという素晴らしい賞を頂きまして、誠にありがとうごじあます。

。。えーっと。ははは。(笑)


まさか自分が選ばれるなんて思ってなかったんで、何にも言うこと考えて無かったんですよね。。

えーこのトロフィーを見てると、あの作品を作るときに辛かったり楽しかったりした思い出が、こういう形で世の中に認められたってのは、良かったなあって思います。
この場をお借りして、スタッフやその他色々とこれ関わってくれた方々には、心から感謝したいと思います。

僕自身も、これに慢心せずにですね、次のステップへと行きたいなあって思います。
今日は本当にどうもありがとうございました!」



以上、妄想でした。。。

ちょっとした買出しがあって、その際に長いレシートが出来たので「小粋な妄想」を付け合せに記事にしてみました。
実際に僕のデカい頭の外周くらいの長さがあるレシートです。
ちなみにレシート自慢って凄く身近で、且つ凄くどうでもいいと思います。



という訳で、6000HITを自分で踏んでしまいました。(爆)
明日からも妄想業に励んでいきますので、皆様のあたたかいお力添えを何卒よろしくお願いします。
posted by ナカタ編集長 at 19:41| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 熱いぜ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FBS】2004.9.24 FATBOY SLIM Report!まとめ編

FATBOY SLIMの新木場のageHaで9/24に行われた「A ONE WAY TICKET TO PALOOKAVILLE...」レポです。

続きを読む
posted by ナカタ編集長 at 04:40| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 生演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

今夜はageHaでFAT BOY SLIM!

新木場は、昭和47年11月1日、海に面する14号埋立地を区に編入した広大な地である。
「東京湾第二次改定港湾計画」に基づき防災拠点開発構想をすすめるため、木材流通基地の整備がなされ、昭和48年から、木場地区の木材業者の大部分が移転してきた地であります。。。(江東区のHPより)

へー。
木材業者がねえ。材木業者と違うの?


新木場なんて、行ったこと無いっすよ。
新木場なんて、行ったこと無いっすよ!
当然、新木場にあるageHaなんて行ったこと無いっすよ!!!

自分、初新木場っすよ。初ageHaっすよ。
つまり今夜は初FAT BOY SLIMっすよ!!!!

いえーい。
自分、もう楽しみで仕方ないっす。
なんだか、体育会系の後輩みたいな気分っす。


23時スタートなんで、仕事上がりにほぼ直行コースですが、仕事上がりで疲れて楽しめないなか〜なんて心配より、今のこのハイテンションで23時まで持つのか?
この状態だけで十分に疲れてしまいそうです。

ふー。
9/22のレポとかどこかに無いかな〜とか探したんですが無いですね。
今の自分、見つけらんないだけかも知れないっす。

ノーマンさんは何時ごろに登場するんすかね〜。
25時くらい?23時に行き成り?わくわく。

これじゃ夜も眠れないっす。あ、それでいいのか。
posted by ナカタ編集長 at 10:43| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 生演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

がんばって桑田真澄!

嫌いな人も多いかと思いますが、僕は昔から桑田真澄という選手が好きです。

来年度は戦力外だのコーチ兼任だの言われてますが、僕は1年間ローテーションで使えば、今でも10勝は固いと思っています。
球威が無いとか書かれてますが、そんなのは今に始まった事ではない。
原監督で優勝した年に12勝を挙げて防御率1位なった年も、球威で勝負しない投フォーム(古武術の動きを応用したフォームらしですが)が功を奏しての活躍だった訳ですから。
つまり球威が無いから桑田が活躍できない訳ではない。

今年の桑田と巨人が芳しく無かったのは、抑えがどうとか、清原やぺタが怪我したとかではなく、一年で10勝出来る投手を使い切れずに「球威が無いから駄目だな」などという、選手が活躍出来なかったことを起用法ではなく選手自身の責任に押し付けている堀内監督のせいだと思います。
(桑田自身が怪我したりするのも、起用法に起因する部分はあると思います。)

私は今シーズンの堀内ジャイアンツを見て、原監督時代の方が良かったなあと思えてなりません。
結局、シーズン前に堀内監督が打ち出した方針は殆ど達成されていないですしね。(仁志の1番くらいか?)
なんだか原監督が帰ってくるまで、巨人ファンを辞めそうな勢いです。

兎に角、桑田真澄がローテーションに入れるなら何処のチームに行っても構いません。
ジャイアンツに固執することは無いと思います。
コーチしている桑田なんて10年後でも見れそうですが、ローテーションを守る桑田はあと数年しか見れないんですから。
posted by ナカタ編集長 at 20:49| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

愛し愛されて生きるのさ

「カゴメ野菜生活Soft」のCFで小沢健二の「愛し愛されて生きるのさ 」が流れている
ちょっと驚きました。ファンなんで。「おお!?」って感じです。

この曲はシングルでも発売されましたが、小沢健二の2nd ALBUM「LIFE」の1曲目に収録されている曲としてご存知な方が多いと思います。
早いもので。。。人によってはまだ?。。。発売から10年です。

多分、多くの小沢健二ファンが求めている彼は「LIFE」の彼であって、後々に小沢健二を語る上でも「LIFE」をベースにして語られることになると思います。(本人の意思とは別かもしれませんが)

きっと彼はあのアルバムを超える作品を、あの頃の小沢健二を心のどこかで求めているファンの前で、披露することは恐らくないと思います。

そういった意味で、正直な話、小沢健二は過去の人になってしまいました。
でも、その代わりあの頃の小沢健二が作って私達が愛した名曲たちは全く色褪せていません。evergreen!

それを現在のCMで流れる彼の曲を聴いて再認識しました。

さて、小沢さんはこれらの曲をまだ愛しているんでしょうかねえ。
posted by ナカタ編集長 at 20:41| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

ウワサの高級バーガーを食べてみました

モス・バーガーの高級バーガーのシリーズである、匠味(たくみ)シリーズを食べました。

私が注文した匠味チーズは670円である。

高い。
ちょっとした定食が食える値段だ。

多分、注文した後に出てきた商品を見ると「これで670円か。」と思うが、食べてみると「670円というだけはある。」となります。


理由は2つ。

1つ目はまず、美味いんです。真面目に美味い。

2つ目は見た目以上に量があるということ。
正直、サイドメニューなんて要りません。
食べてから15分ぐらい経つと「お。なんだか結構お腹いっぱいかも。」となるのでご注意を。


ちなみに、匠味アボガド山葵(わさび)(880円)も少し食べたんですが、これも同様によろしいです。


私は、匠味シリーズは家で食べるより、お店で食べるのをオススメします。
お店の席でバーガーの出来上がりを待っていると、専用のランチョンマットが出てくるし、お皿に乗ったバーガーが出てくる。
これはちょっと新鮮な感じなんで、体験してみるといいと思います。

私はマックの高級バーガーも2度ほど食べましたが、「高級」となっても質ではモスの方が一枚も二枚上手かな〜と感じました。(値段もモスの方が高いので比べるのが間違っているのかもしれませんが)

まあ、モスにせよマックにせよ、ガキの食い物だった、ハンバーガーが高級バーガーの登場で少しだけ大人の食べ物としてこちらに近寄ってきた感じがしました。
posted by ナカタ編集長 at 21:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

【マツダ車乗り必読!】花沢パーツという素晴らしいお店

千葉県千葉市中央区旭町4-1にある花沢パーツという素敵なお店に行って来ました。

このお店について、説明する前に少し簡単に、海外での日本車について説明します。
日本車ってのは海外でも良く売れているというのは、ご存知のところだと思うんですが、実は海外で売られているそれと、日本で売られているそれでは仕様が異なる場合が大半です。
異なる理由は自動車に関する法律や制度のせいであったり、その国で好まれる装備品が日本ではウケない為であったり、単純にコストの問題だけであったりと色々なんですが、特にマツダというメーカはそれが顕著なメーカでして、海外で売られるモデル(特にヨーロッパ仕様)の装備は豪華です。
そんなメーカ純正のパーツでありながら、日本では手に入らないパーツを取り扱っているのがこの「花沢パーツ」というお店です。
えー肩書きにしますと「マツダ車純正輸入用部品店」となります。

マツダ車の海外パーツを取り扱っているお店は日本でも1〜2件ほどしかないらしく、非常にレアなグッズが山ほどあることもあり、この店には日本全国のマツダ車マニアが訪れます。
別にマツダ公認とかでは無く、おっさんが一人で切り盛りしています。

で、この連休を利用して行って初めて見たんですが、中に入ると間取りは4畳半程度でして、非常に狭いのですが、ショウウインドウに並んだ、オーナメント(車の名前等が書かれていて車の後ろに付ける鍍金のような物)や海外使用のメータ、ステッカー、壁に掛けられた各種パーツ等は正にお宝の山。
これら全てのパーツを花沢氏が色々な国から個人で取り寄せているのだから凄いのです。

↓ショウウィンドウで輝くパーツたち。生唾ものです。
花沢パーツのお宝たち


しかもこの花沢氏に感服させられるのが、これらパーツを花沢氏自らが付けてくれて、足りない配線等は自作で用意しているところです。(しかもパーツ代のみ。←安い。)

花沢氏曰く「マツダは昔から海外を見て商売をしている。海外で売られているマツダ車を見ると実に痒い所に手が届くような良いパーツがいっぱいあるんです。でも日本で売る時になると、残念ながらそれらが付いてない。非常に残念だ。だから私はこの店をやっているんです。」とのこと。

いや〜。愛のあるお言葉であると感じました。
花沢氏のマツダ愛と私への丁寧な接客にすっかり魅せられてしまい、オーナメント(欧州仕様)、クリアサイドウインカー(米国仕様)、ホーン(海外仕様)の以上3点をお買い上げてしまいました。

実は予算オーバーだったけど、とても良い勉強をさせていただきました。
マツダ車乗りなら必ず行ったほうがいいと思います。


---------------
という訳でカウンターが5000を超えました。
最近、ちょっぴりカウンターのペースが上がってるので実に嬉しいっす。(読む人微増したかな?)
読んで下さる方々、本当にありがとうございます。
迷い込んだ方々、迷い込んだも何かの縁。読んでやってください。
それでは1万目指して頑張ります。これからもよろしく!
posted by ナカタ編集長 at 05:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

【カンゲキ!】大人計画「轟天VS港カヲル」まとめ

昨日見てきました「轟天VS港カヲル 〜ドラゴンロック!女たちよ、俺を愛してきれいになあれ〜」のあらすじを書こうと思ったんですが、長すぎ&脈略無いので途中まで書いて辞めました。

超簡略あらすじを書けば、色々あって最終的にシメはカヲルさんの3・3・7拍子でした。

それじゃツマランので、各キャラの設定&配役を書く事にしました。
設定だけでもくだらなくって面白いと思う。

---------------------------
役名:役者 & 説明

剣轟天:橋本じゅん
 今は無き「轟天の書」に記された伝説の秘拳を継承している。
 強い。でも超馬鹿。
 少年時代にじゅん子というお姉さんのパンティを盗んで以来、パンティが好き。
 ハイソックスも好き。赤ちゃんプレイが好き。
 現在は池袋の「はなまるうどん」でバイト中。
 「はなまるうどん」の仕事を覚えたせいで、拳法を忘れつつある。
 昔は「てもみん」でバイトをしてたこともあるらしい。
 ベンジャミン伊藤に逆ナンされたと勘違いし、好きになる。
 こりん星のお姫様である小倉優子が大好き。
 港ハイリッヒその子をデリヘル嬢と勘違いして騙される。
 その結果、小倉優子を守る為に港カヲルを倒そうとする。

港カヲル:皆川猿時
 芸能人。愛人がいっぱい居る。46歳。
 現在、アメリカで活動中。愛人にお金を使いすぎて、自分はお金がない。
 5F建ての愛人ビルを持っている。
 食べるのが大好き。飛べる。
 昔の写真は「伊藤英明」が港カヲルのかっこで出ているので痩せている。
 小倉優子が大好き。
 池袋であった握手会にも行ったらしい。
 得意なギャグはSKさんのD。(志村けんの「だっふんだ」の意)

キャメロン・ビーフジャーキー:池津祥子
 カヲルが初体験を捧げた愛人。49歳。
 片目をアイパッチで隠している。
 爆乳。
 乳首からマシンガンになっている。
 轟天との戦いに敗れてから乳を爆弾にする。強い。

モーモー前張:猫背椿
 キルビルのゴーゴー夕張のパクりキャラ。
 カヲルさんの愛人。
 脇から紅しょうがの臭いがする。
 その臭いでカヲルはご飯を何杯も食べれちゃう。
 凄く嫉妬深い。
 電子ジャーが先について鎖ガマを使って闘う。

とん汁姫:伊勢志摩
 伊賀の抜け忍。くのいち。カヲルの愛人。
 メイクのし過ぎで、KISSのような顔になる。
 手裏剣と酔拳の使い手。
 酒癖が悪い。カヲルの1番の飲み仲間。
 川崎に住んでる。

気仙沼ちゃん:宍戸美和公
 三陸海岸で海女さんをしている。カヲルの愛人。飯女。
 10年くらい前に取れた海産物をカヲルに食べさせていた。
 そのせいでカヲルが太ってしまう。
 カヲルのマイボトル(醤油)が出てきたせいで、愛人であることがバレる。
 港ハイリッヒその子に殺されて幽霊になる。

脂身番長:田村たがめ
 カヲルが残した脂身だけを食べて、大きくなる。
 谷良子のようなカッコをしているが、下は履いていない。(見せパンのみ)
 「脂身落とし」が必殺技。

喜び組:総勢34名の女子
 募集で集まった素人40人からオーディションされた。(マジ)

シシャモちゃん:平岩紙
 喜び組のリーダー。

ベンジャミン伊藤:吉田舞
 片言の日本語を喋る。女子高生。
 轟天はこの娘が好きになる。
 アメリカでカヲルの通訳を務めていたので、カヲルは「自分の娘のようにかわいがっている。」と言っている。
 カヲルと一緒(?)に日本に来る。
 強い男が好き。

パーク近藤:近藤公園
 カヲルのマネージャー兼ビビンバ混ぜ係り。
 またはお小遣い管理係。
 または焼肉ひっくり返し係。
 オースティン・パワーズのオースティンみたいなカッコをしてる。

パトラッシュ:少路勇介
 轟天の飼い犬。号天と同じ顔をしている。
 タマ金がはみ出している。
 轟天より賢い。インリン・ポーズが出来る。

のぼる:星野源
 港ハイリッヒその子の秘密研究所にいる小学3年生。
 うまい棒が凄く好き。
 天才らしい。最近、自転車に乗れるようになった。
 轟天の脳を明けて、中身を分析する。

大学生1:富川一人
大学生2:関谷悦明
大学生3:尾崎拓也

 はなまるうどんに来た客。留学生。
 轟天に殺される。

女子アナ・神田:宮沢紗恵子
 日本に帰ってきたカヲルの1発目の仕事でカヲルと絡む。
 カヲルからアヤパンに対抗してカンパンと名付けられる。
 ちなみにその時の仕事の内容はジーンズのオーバーオールを着たカヲルがトンカツを食べて「まいう〜」と言う番組。

中島:宮藤官九郎
 はなまるうどんの店員。轟天のバイトの先輩。
 バイトで助けてもらっているので轟天は中島に頭が上がらない。
 港ハイリッヒその子にバイトをしながら轟天を昔のように強くして欲しいと頼まれる。 後にベンジャミン伊藤のカッコをして轟天と闘う。(卒業試験の為)

ウメQ:武田浩二
モロQ:大林勝

 カヲルのSP。カヲルを守る為に雇われる。黒服黒眼鏡。
 カヲルが名前を覚えられないのでウメQとモロQと名付ける。
 キックボクシングとテコンドーの使い手。

白金宏:武沢宏
 港ハイリッヒその子と共にカヲル暗殺を目論む。
 色白。7:3。眼鏡。
 港ハイリッヒその子が好き。

港ハイリッヒその子:片桐はいり
 カヲルの奥さん。
 10年前に「醤油を買ってくる」と行ったきりカヲルが家を出て行ってしまう。
 ダイエット食品の社長をしていたが、カヲルが勝手にダイエット食品のCMをして太っていった為に返品の嵐。
 事業に失敗し40億円の負債を負ってしまう。
 カヲルを殺して保険金で出直そうと思っている。
 カヲルをやっつける際に「やっちまいな!」と言う。
 キルビルのルーシーリューみたいなセリフを連発する。
 最期はカヲルの身代わりとなり死んでしまう。

巷カヨル:荒川良々(日替わりで演じる人が違う)
 港ハイリッヒその子が喜び組が何故カヲルが好きであることを調べた結果、次の3点だけが挙がった。
 「やさしい」
 「歌が上手い」
 「ジュースをくれる」
 そこで「アイドル養成」も行っているその子が用意したアイドルがカヨル。
 喜び組に「君にジュースを買ってあげる」を歌う。
 ちなみに中村獅堂、峯田和伸(from銀杏BOYZ)、おぎやはぎ、長井秀和、松尾スズキ、古田新太、阿部サダヲ、等もカヨルで歌ったらしい。

おまけ

↓場内で配られるウチワ(表が港カヲル、裏が轟天)
クドカン曰く扇いでも涼しくならないウチワ。
劇中、観客がこれを振る事により2人のテンション(やる気)が変わるというシステム。変わるのはやる気のみ。ストーリーに変更はない。
港カヲル
剣轟天

↓池袋のサンシャイン劇場に張られたポスター
サンシャイン劇場
posted by ナカタ編集長 at 02:38| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(4) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

【カンゲキ!】大人計画「轟天VS港カヲル」その4

いや〜おもしろかった。
そして、すーっごく内容が無かった。(笑)
舞台好きな人が観たら怒るんじねーのかってくらい、最高にくだらない。

舞台の上にあるのはクドカンの轟天と港カヲルへの愛だけ。
たぶん、クドカン自身、最初っからストーリーも何にも無くて、ただ2人を一緒に使う事を思いついたんだけど、思いついたらやってみたくてショウガナイ。とりあえず作っちゃえ!というのが図星のような気がする。
この作品はクドカンによるクドカンの為の作品。

でも、キルビル、マトリックス、木更津キャッツアイ、渡辺美里、はなまるうどん等々、色んなネタを引っ張ってきて、大好きな2人を内輪ネタ的な作品にならないように注意して、くだらなさを最大限に輝かせようというクドカンの愛は凄く感じました。

休憩15分含めて、3時間もあった舞台ですが、良いもの観せていただきました。

posted by ナカタ編集長 at 22:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カンゲキ!】大人計画「轟天VS港カヲル」その3

遅れましたがチケットとりました。
補助席らしいんですが、うれしいっす。
で一回目の公演が終わった後、会場から楽屋へ向かう哀川翔さん見ました。
うれしかったっす。

posted by ナカタ編集長 at 18:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カンゲキ!】大人計画「轟天VS港カヲル」その2

今日一回目の公演が終わった模様。
客がガンガン出てくる。

客は女が多いんだけど、ギャルを除く全パターンの女がいるな。
若干、インサイダーで眼鏡が多い気がするが、ホントに纏まりが無い。

幅広いファンって奴か。
そういえば、当日券売場で待ってると、劇場のスタッフが椅子を用意してくれた。
これは非常にありがたい。
非用意周到な俺のハートを潤すぜ!

ん?
あー。違うんだ。
劇が終わった訳じゃないんだ。
今から第2幕だってさ。中休みだったのね。
なんだか当日券待ちが増えてきたな。
さて当日券買えるかな〜。



posted by ナカタ編集長 at 15:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カンゲキ!】大人計画「轟天VS港カヲル」

今日は当日券だのみで、「轟天VS港カヲル」を池袋にあるサンシャイン劇場まで見に来てみました。
と言っても、現在まさにチケット売場に並んでます。買えるのか分かりません。並んでる順番からするとイケるんじゃないかと甘く考えてます。
この演劇は劇団「大人計画」の作品で、脚本はクドカンが書いてます。ウーマンズリブっていうシリーズ(?)の作品らしいです。

港カヲルはグループ魂の専属司会者(今は随分と司会者キャラから逸脱してますが)のキャラの名前でして、皆川猿時(大人計画)が演じています。簡単に書けば髭面のデブキャラ。)
剣轟天(ツルギゴウテンと読む)は橋本じゅん(劇団☆新感線)はキャラの設定はよく分からんのですが、筋肉隆々の殺し屋ということらしいです。
つまり、クドカンの言葉を借りれば「贅肉VS筋肉」と言うことらしいです。

わたくし、実はこういう演劇を生で観るのは初めてです。
甘酸っぱい初体験って奴ですよ。
しかも今日が最終日なんで、何かしらスペシャルがあったらいいなーなんて考えてます。
ところで今、私にはチケットが取れるかどうかより切実な悩みがあります。

その1、朝から何も食べてない。そろそろ腹が減ってきた。

その2、暇。
最近買った雑誌が結構あるのに一つも持参してない。

当日券は17時から売るわけでして、今すごーく暇です。
我ながら、私の計画性の無さと、その脈略のない行動力がよく現れているエピソードだと思います。

そんな訳で久々に携帯電話から記事を書いてみました。30〜40分くらい潰れました。

開演は19時。
今日は長くなりそうです。

posted by ナカタ編集長 at 15:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

迷う男「TRIBUTE TO YMO」

TRIBUTE TO YMOが9/8に発売されました。

TRIBUTE TO YMO
オムニバス LOW IQ 01 SUGIZO 高野寛 クラムボン sugiurumn feat.曽我部恵一

by G-Tools


このアルバムに参加してるアーティストが面白いんです。
ケン・イシイなんかも参加してるんですが、だからといって参加アーティストがテクノ系だらけという訳ではなく、曽我部恵一 がボーカルの曲があったり、 ショコラ&片寄明人の夫婦カヴァーがあったりと、TRIBUTEでなきゃ同じCDには入らんだろうなという顔ぶれ。
まさにYMOチルドレンが集まったって奴ですな。
私的にはオーケンこと大槻ケンヂにRYDEENに詩を付けて歌ってもらいたかったですが、それはさすがに無かったですね。
(「小さい頃、適当に詩をつけて歌ってた」と言ってた気がする。)
続きを読む
posted by ナカタ編集長 at 22:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼い知識は穴だらけ(地理編)

今日電車で霞ヶ関で降りたんですが、私が小さい頃に抱いていた間違った認識を思い出しました。
せっかくなのでここに刻んでおこうと思います。

きっと貴方にも、こういった誰にも知られてない知識の汚点が過去にあるはずです。。。
もしかしたら今なお存在する穴があるかも。怖いですね〜。

・富士山は北海道にある山だ。
 デカいものは北海道にあるものだという、観念があったみたいです。
 北海道の真ん中にある山というイメージ。
 静岡&山梨にあると聞いたときの驚きと恥ずかしさは今でも覚えています。

・霞ヶ関と霞ヶ浦がごちゃごちゃ。
 地図を見ながら「国会議事堂ってのはこの湖の横にあるんだ。」と思っていた。

・佐渡島(新潟県)と能登島(石川県)がごちゃごちゃ。
 地図を見ながら「能登島って結構大きく出てるなあ」と思っていた。


正しい日本地図はここです。
国土地理院のサイトでありながら、閲覧システムはハイテンションな名称です。
posted by ナカタ編集長 at 16:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 普通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

「違反の内容=悪いこと」じゃない違反の取り締まりに意味はあるのか?

俺はスピード違反ってのはケースによっては、罪無き罪だと思っている。
駐車違反もそれに同じ。
というか車の違反って、殆どの場合が罪無き罪だと思っている。

ああいう基準が曖昧で気が向いた時にしかやってないように見える取締では、車の利用者にすれば解りにくいし反感を買うのは当たりまえ。
誰の為に、何の目的があってやってるのかも不明確。
しかもアレって、その時の警察官の判断で「反則金」というヤクザみたいなもので解決しなくちゃいけなくなっている。
とっても強引で凶悪なルールだと思う。

その割りに、今のルールじゃ警察はドライバーを守れてない。的外れなルールだ。
駐車違反の取り締まりを一般業者(警察の天下り業者ね)に委託しようとしたり、高い金をかけてオービスを作る前に、そこら辺を全面的に見直した方がいいんじゃなかろうか。
厳しくするだけがルールじゃないでしょ。

プロ野球じゃないけど、全面刷新ぐらいの事してください。
posted by ナカタ編集長 at 15:13| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | くるま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。